ブログ

日誌

いい天気で気持ちがいいです

いい天気で気持ちいいです。温かい感じです。

 

1年生は図工で新聞紙をちぎって創作をしています。破壊と創造、気持ちいいですね。

 

6年生は帯分数×整数の演算の学習をしています。まずは大きさのめどを立ててt計算していくようですね。

  

5年生は理科で植物の蒸散についてまとめた後、太陽の光が食べ物と関係しているのかという問いを立てて考えています。種子の発芽の実験も廊下に置いてありました。

 

隣のクラスは教室でグループごとに話し合いをした後、体育館でマット運動の練習をしています。グループで目当ての確認と練習の計画をしていたんですね。

4年生は算数で分度器を使って角度を計測しています。

隣のクラスは運動場で逆上がりの練習をしています。逆上がり・・・苦労しましたよね・・・できたときは飛び上がって喜びましたね。できる人は難なくできるんですけどね・・・

隣でも算数で分度器の計測をしています。

外国語教室では5年生が学習をしています。誕生日の伝え方を学習しているようですね。

2年生は図工で「ふしぎなたまご」を描いているようですよね。何のたまごでしょうね・・・

隣では算数で簡単なひっ算について学習しています。位をそろえて丁寧にできますか

隣では道徳「角がついたかいじゅう」という読み物教材をしています。悪気はなかった・・・なんか誤解があったのかな・・・真剣に考えています。

 

図工室では3年生がぴかぴか光る昆虫の造形作品を仕上げています。なんだかこんな昆虫いそうですね・・・

とてもダイナミックできれいです。

音楽室でも3年生がリコーダーの力試しを受けているようです。一生懸命練習していますね・・・

 

自然と触れ合うのにいい季節になりました。子どもたちが自然とかかわる中で人と自然のかかわりの在り方を考える機会になればなぁと思います。

 

今日は参観日です。

今日は参観日です。お忙しい中お越しいただきありがとうございました。

1年生

6年生

5年生

3年生

4年生

2年生

 授業後、5年生は自然学校の説明会、他学年は学級懇談がありました。各学年、クラスの経営方針について説明があったと思いますが、本年度は学校をあげて「聴きあう」ことと「自己決定する」ことに力点を置いた教育活動をしたいと考えています。そして自立に向けて挨拶や発言などの言葉を大切にし「あたりまえに」すべきことについては徹底して指導・支援を行っていきたいと考えていますので、ご家庭でもご理解ご協力をお願いします。

いい天気ですね。

いい天気ですね。少し暑いですね。水分を取りましょう。

1年生ですね。「がっこうくいずたいかいをしよう」と板書がありますね。学校探検で発見したことをクイズにするのでしょうか

6年生が、学校を1年に紹介しようと計画を立てています。これからいろいろとかかわりを作っていきましょう。

 

5年生が理科で植物の発芽について実験をしようとしています。仮定を立てるときに条件を考えるのが大切です。

 

3年生は割り算ですね。「同じ数ずつ分ける」割り算の意味について学習していますね・・・割り算は二つあるんですよ・・・しっかり理解しましょう

 

4年生は漢字辞典の使い方を学習しています。AIの進んだ今は必要ないでしょうか・・・いやいや漢字辞典を引くための知識は言語感覚を高める大切な知識ですよ。

英語教室では4年生が曜日のについて楽しく学んでいますね。語学は「体感」が大切だということがよくわかります。体全体の表現が多いですね。

体育館では2年生が 跳び箱ランドを作って楽しそうに練習しようとしています。体育の器械体操では空間づくりが大切ですね。

音楽室では学校の練習ですね。6年生が懸命に取り組んでいました。

 

 子どもの学習には「理解させる」「引き上げる」という観点で効率的な近道を用意しがちですが、かえって回り道をしたり大人の目からは戻り路に見える過程をたどったほうがより創造的な結果を生むことがあります。むしろ子どもの学習は無秩序であるととらえるほうがよい場合があるということです。子どもの中に結果として確認される秩序をこそ大切にしたいと思います。

 

今日はいい天気ですね

今日はいい天気ですね。気持ちいいです。

 

運動場で集まっているのは6年生と2年生ですね。6年生はグループでリレーの記録に工夫して挑んでいるようですね。

2年生は、鉄棒の練習をしているようですね。

 

1年生は国語で基本的な発音・発声について学んでいますね。教科書にはリズムのいいあいうえおの歌と口形が載っていますね。

6年生の自己紹介カードはレイアウトやデザインなども考えたカードですね。掲示されています。

 

5年生は合同な図形について学習していますが、図形の用語について3年、4年などの事項を復習しながら学習しています。重要な用語の理解は積み重ねられていますね。

5年生の理科ですが、面白い導入の活動をしているようですね。「ホロウマスク錯視」という現象を使った模型を作っています。面白そうですね。

 

加茂小周りのオリジナルの地図作りをしているようですね。絵地図から、地図記号を使った地図への学習のようですね。空間認識が広がりますね。もうすぐ市役所へ見学に行くようですね。

隣のクラスではいろいろな近隣の市町を地図帳で指さしていました。

 

4年生は折れ線グラフの学習をしています。棒グラフと違って自然現象などの実験では汎用度の高いグラフですよ。

 

2年生ですね。いろいろな春の自然について経験を出し合っていいるようですね。でもこれは国語の学習ですね。季節についての語彙の学習ですね。

  

 

音楽室では3年生が「茶つみ」の歌を元気に歌っていました。図工室では6年生がいろいろな世界遺産を絵に描いてデザイン画にする下絵を描いていました。楽しそうですね・・・

 

 本校で子どもたちの課題となるところが「自己決定」に資する「経験」ではないかということが話し合われ、職員一丸となって子どもたちが主体的に活動や学習に取り組み、いろいろな場面で「聴きあう関係」「相互交流」を重視した協調的な学びを目指した取り組みをしようということになっています。子どもが身の回りや世の中の「ひと・もの・こと」にふれ、本気で取り組める環境を作っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

今日も2年生に音読劇の発表に呼ばれました。

 

なんだかドキドキ緊張気味ですね。いろいろと登場人物の役が決まっているようですね。

 

 

声の大きさや速さ、抑揚に気を付けて動きと声を合わせていますね。素晴らしい表現ですね・・・

 

次のグループもドキドキしていますね・・・

 

 

次のグループは場面に合わせて立ったり座ったり、強弱をつけたりと構成の工夫がありましたね・・・素晴らしい

本に線を引いて何回も読み返して練習した跡がうかがえますね・・・

 

そのあと、今日発表をしてどうだったか、振り返りをしています。楽しかった、うれしかった、何がどううれしかったのでしょうか…何を頑張ったからよかったのでしょうか、先生が問い返していました・・・

 そのあとの振り返りのカードには、これからどのようにしたいか考えて書く活動がありました。「ほかの教材でも音読発表をしたい」「いろいろな声が出せるように練習したい」「音読マスターになりたい」などいろいろな振り返りがありました。

 

子どもたちの学習意欲を高めるには「単元を通して取り組む魅力的な言語活動」が必要ですね。音読劇の経験が「やってみたい」「面白そう」という言語活動の動機付けにつながることを期待しています。

 

 

今日は朝から小雨が降っていますね。

朝から小雨が降っています。休み明けのどんよりとした天気ですが、みんな元気ですか!!

 

1年生、算数ですね。数とものを一致させながら「3」を学習しています。

お隣では「へ」を学習しています。いろいろな言葉が出てきています。最近は一年生といえどもいろいろな語彙に普段からふれているのがよくわかりますね。

6年生が「道徳」ですね。行動の価値について考えを述べるのはむずかしいね。

5年生が算数ですね。単位の決まりについて学習していますね。単位の換算は難しいでしょう。数量の四則計算は単位をそろえないとできませんね。

 

3年生が青虫の観察をしています。地域の方に持ってきていただきました。おかげで写真にとって拡大したりいろいろな方向から観察できますね。ありがとうございます。

4年生は国語「しろいぼうし」の学習です。シリーズで読むと面白いですね。じんぶつについてばめんごとにまとめているようですね。

5年生が外国語で簡単な会話のパターンを学習しています。

体育館で4年生が後転の練習をしています。後ろ向きに倒れるのは怖いけれど・・・斜面になっていると自然に回れますね。

 2年生は2位数+1位数のひっ算を学習しています。位をそろえることの大切さは学年が上がっても繰り返し出てくる計算のスキルですよ。

やりたいと思うことがあり、伝えたいと思うことがある環境の中で「聴きあう関係」を作り出していきたいと思います。

 

2年生の音読発表会におよばれしました。

2年生の「ふきのとう」の音読発表会におよばれしました。

 

 

 

 

  

 

 

「ふきのとう」は工藤直子さんの長詩で、とてもリズム感があって音読や群読に適した教材です。教材の特質を生かしてグループで声の大きさ、速さ、抑揚などに気を付けて動きも工夫して音読を発表していました。このグループでの群読を完成させるまでに人物の気持ちを考えたり様子や状況をグループで聴きあう活動があったと思います。その中で成長した姿を認め合う姿がとてもよかったですね。

 

 

今日は雨ですね。

今日は雨ですね。滑るので走らないようにしましょう。

  

1年生はひらがなの学習ですね・・・「く」ですね。つぎは「し」かな・・・1画のひらがなですね

 

お隣は粘土でごちそうを作っていますね・・・いろんなお尋ねをしながら作っていますね。いろいろな美味しそうなものが机の上に並んでいます。

 

6年生は歴史学習ですね・・・原始・古代の学習ですね・・・想像力が広がりますね・・・加茂遺跡の見学も行くようですよ・・・

隣では国語の教材の導入ですね・・・物語と説明文の違いについておさらいをしているようですね・・・

 

隣では算数の対象図形の作図について聴きあいしながら学習しています。

 おう

3年生は学習内容についてレベルを変えたプリントで完全習得型の学習をしています。これも学習の個別化にこたえる学習ですね。

 

お隣では、社会科で簡単な絵地図に方角を書いて、いろいろな施設を書いていますね。自分の生活地区の空間認識が広がりますね。社会科の導入ですね。

外国語教室では5年生が学習していますね。自分の名前のスペルを書けるようになるのが目的のようですね。5年生では簡単な言葉を書く活動も出てきますね・・・

 

体育館でも5年生が スポーツテストをしていたようですね。自分の運動能力を知り、どんどん伸ばしていきましょう。

 

2年生が算数で時間の問題の出し合いっこをしていますね。友達の質問をよくきいてわかるように答えられるでしょうか。

お隣では国語「ふきのとう」の音読の計画をグループで考えているようです。読み取ったことが伝わるような群読になるといいですね。

 

図工室では、4年生が「世界に一つだけの花」をペンでかいていますね。色鉛筆で色を塗るようですが・・・なんだか芸術的ですね・・・イメージが形になって表現されていますね。

 

 主体的な学習が志向され、「学習の個別化・個性化」が言われていますが、他方、子どもたちは、自分の学習したことを友達に知ってもらったり意見をもらったりしたいはずですね。こうした「学習の協同化」は「個別化・個性化」の授業の中でも重視されなければなりませんね。

 

1年生を迎える会

今日、1年生を迎える会がありました。

 

1年生が6年生と手をつないで入場しました。とてもうれしそうですね。

 

1年生が入場して整列しました。6年生の実行委員の進行で〇✖クイズをしました。

1年生のドキドキドン一年生の歌のあと、私の話の時に各学年から今日の振り返りがありました。1年生の演技について思ったことやかわいかったところ、楽しかったことなどを振り返りました。みんなお話が静かに聞けて素晴らしい態度でした。

このような会を通じて、子ども同士がつながり、友達の良さや頑張りを認めあえるようにしていくことで温かい関係を作ってくれることを期待しています。

 

 

とてもいい天気です。暑いくらいです。

 

今日はいい天気で過ごしやすいですね・・熱いくらいです。運動場では50m走をしていますね

 

4年生は運動場で温かくなったこの時期の草花や虫の様子をタブレットで取材しています。

 

1年生は大きな模造紙にグループでお絵描きをしていますね。「なにかいてんの」「教えない・・・」だそうです。

 

6年生は理科の専科の授業でトイレットペーパーをちぎって重ねていますね。「なぜトイレとペーパーはちぎれなくなったの?」「力が分散するから・・・」「材料が関係している・・・」いろいろと考えているようですね。

5年生は算数ですね。「自分の考えを持つことが大事」「ノートは自分で作る」学習の仕方について学ぶことが大切ですね。

隣も算数をしていますが・・・小数の意味について考えていますね。わかること・・・できること・・・どちらも大切ですが「わかることに裏打ちされたできること」は決して忘れませんよ・・・

 

3年生は掛け算の決まりについて学習しています。掛け算の交換法則について確かめているようですね。

 

4年生は春の自然のフィールドワークのようですね。お隣ではクラブ活動についていろいろと決めているようですね。4年生になるとクラブ活動がありますね・・・楽しみですね・・・他学年の友達とかかわる経験も大切にして成長しましょう。

外国語教室では6年生が外国語の授業です。ビンゴゲームをしながら学んでいるようですね。楽しそうですね。

  

2年生は漢字学習ノートの書き方を学んでいました。お隣では係活動の掲示を作成していました。

 

図工室では3年生が楽しそうな生き物の絵をかいていました。音楽室では5年生の授業が終わったところでした。専科の授業も始まりましたね。

1年生はもう下校で集まっていますね・・・安全に気を付けて帰りましょうね。

 このように学校でも自然と触れ合うフィールドワークに適した季節ですが、自然と触れ合うということだけでなく人とのふれあいが大切なのは言うまでもありません。自分を肯定したり受容してくれる意味ある他者との出会いが大切なのでしょう。子どもは様々な関係性の中で自分が必要とされているという実感や自分を自分で統制しているという実感を得ることで学びを充実させていきます。大切にしたいですね。