現在公開されている日誌はありません。

 

新着情報

 RSS
表示すべき新着情報はありません。

お知らせ

ひまわりクラブ
7月11日(水)
10:00~11:30
☆水遊び・プール遊びを予定しています。濡れてもよい服、水着、着替えなどをお持ちください。

対象:来年度入園を控えた3歳児
(平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれ)
詳しくは HP内の メニュー→子育て支援 をご覧ください。      
みんなよっといデー
7月18日(水)
10:00~11:30
☆水遊び・プール遊びを予定しています。濡れてもよい服、水着、着替えなどをお持ちください。

☆多田地域にお住いの就園前のお子さんと在園児が一緒に遊びを楽しむ場です。詳しくは HP内の メニュー→子育て支援 をご覧ください。      


平成30
年度園児募集

対象 市内に保護者と居住し、住民登録している方                  
        
 4歳児  (平成25年4月2日~平成26年4月1日生まれ)
         5歳児 
(平成24年4月2日~平成25年4月1日生まれ)
 
 

日誌

新規日誌1
12345
2018/06/15

船を流す①

| by 多田幼稚園
砂場では、雨どいが長くつながれていて、水が流れるコースが出来上がっていました。
5歳児の子どもたちが一生懸命考えて組み立てたものです。

更に、思い思いに作った船を流して遊んでいます。

面白そうなその様子に惹きつけられてやってきた4歳児さん。

船が流れていく様子を見たり、追いかけて一緒に走ったりしています。
『おおきいぐみさんすごいな~おもしろいな~』

「ぼくもつくりたい!」と、制作の材料が置いてあるコーナーに駆けていき、使いたいものを自分で選んで早速真似て作り始めます。

「こうやって~歯ブラシでごしごしってしたらいいねんで」
「へ~絵文字:笑顔そうなんだね」
近くにあった絵具遊び用の歯ブラシでごしごし絵文字:キラキラなにやら考えがあるようです絵文字:笑顔


「先生ちょっともっといて」「いいよ」
ガムテープを貼るために両手がふさがっているようです。傍で見守りながら、必要に応じて教師が支えます。

「できた!」と、嬉しそうに砂場に駆けていきました。

うまくながれるかな?
18:09
2018/06/15

船を流す②

| by 多田幼稚園
考えて作ってみたけれと・・・

紙コップを二つ合わせて作った船は、雨どいの幅には合いましたが、直角に曲がるカーブのところで詰まって動かなくなりました。

『うまく流れない…』と考えたようで、「おっき(大き)すぎたっ」と言いながら、再び制作コーナーに戻ってきて、今度はプラスチックの容器やペットボトルキャップが入ったかごから材料を選んでいます。

「(どれにしようかな~)あ、これとこれ おんなじ!」
と、小さなひとくちゼリーの容器を二つ合わせて、紙コップで作った時と同じような形にして、教師に見せていました。

ガムテープでくっつけて…さっきよりも小さな船が出来上がりました。

今度はカーブのところもうまく流れるかな?

考えて作って、うまくいかないところに気が付いて、また更に考える。
遊びの中で、思考力が育っている場面だと思います絵文字:笑顔
17:53
2018/06/14

じゃがいも掘り

| by 多田幼稚園
畑のジャガイモの収穫時期になりました。
4歳児の子どもたちは、張り切って畑に向かいます絵文字:急ぎ

いっぱいじゃがいもほるぞ!
あれ、どこにじゃがいもあるの?
土の中だよ、その葉っぱを引っ張って!
よ~し

「よいしょ よいしょ」

畑の中を、「あっちにあった!」「どこにある?」「ここかも!」
と、声をあげながら夢中になって掘っています。
見つけると「あったー!でっかい!」「先生見て!」と大喜び。
時々「この虫なに~?」「ダンゴムシおった」と、虫にも興味を惹かれながら泥んこになって掘っていました。

もうないかな?

ここにもあるかも!
18:08
2018/06/12

泡遊び②

| by 多田幼稚園
泡遊びの中での発見はまだまだ続きます・・・

石鹸水につけた紐がちょうどループ状になっていて、膜が張っていました。

「・・・あれぇ?」と言いながら、キラキラした瞳で先生を見る4歳児さん。傍で見守る先生と目が合うとにっこり笑顔になりました絵文字:笑顔
『発見したよ!』の、思いを受け止めてもらって満足そうです。


この膜は、指で触っても(指が貫通しても!)割れずに残るので、子どもはそれにも驚き、さらに目を丸くして、何度も触って確かめていました。

こちらでは・・・
「ねえ、先生ちょっと来て~」「なに なに?」
「ちょっとこれ触ってみて~。このね泡はもちもちでー、下は冷たいんだよ」
「え~!ほんと?先生も触ってみたい!・・・ほんとだ~絵文字:笑顔

泡の感触を味わったり、二層になった泡の下の水が泡と比べて冷たく感じることに気付いて、先生に知らせてたりしていました。

このような、遊びの中での発見を、教師が受け止めたり共感したりすることが大切だと考えています。そうすることで、更に遊びこむ姿につなげていきたいと思います。
18:12
2018/06/11

泡遊び①

| by 多田幼稚園
水遊びの近くに、遊びに使えるように石鹸を置いておくと、さっそく気がついて手に取った子ども達。

洗面器の水につけて触り始めました。
時々水から引き揚げて見てみたり、近くにあったスポンジでこすってみたり、いろいろと試している様子がうかがえます。


だんだんと濃度が増してきた石鹸水につけたスポンジを絞る子どももいます。


「先生見て!こうやったらいっぱい泡できる!」
泡がたくさんできる方法を発見したようです。

白く色づいた石鹸水を「カルピスやねん」などと、飲み物に見立てて、友達とイメージを共有しながら遊び始める様子も見られました絵文字:笑顔

18:12
2018/06/06

ダンゴムシのあかちゃん

| by 多田幼稚園
子どもたちにとってとても身近な生き物のひとつ、ダンゴムシ。
花壇の草花の下や石の下など、よくいる場所に気が付いて、夢中になって集めています。
「見て!大きいの!」「これは赤ちゃんやで」
「黄色い点々があるで」
大きさや、色の違いにも気づいている様子がうかがえます。

いつものようにダンゴムシを手に取って見ていると…
「おなかが黄色い」「あかちゃんいるね?」

・・・・・「あ!」

「ダンゴムシの赤ちゃんが生まれた!!!」
先生の手のひらにいたダンゴムシのおなかには卵(幼虫?)がうっすらと見えていたのですが、それが出てきて、手のひらを半透明の小さな小さなダンゴムシがたくさん歩き回っています。
子どもたちが一斉に集まって、口々に「赤ちゃん生まれた!」と言い合ったり、友達や先生に知らせたりしています。


見えるかな?赤ちゃんダンゴムシ(小さな白い点々)

先生も子どもたちもびっくりな出来事でした。
18:07
2018/06/06

幼年消防クラブ引継ぎ式

| by 多田幼稚園
5歳児の子どもたちは、今日から幼年消防クラブの一員です。
消防士さんの前で誓いの言葉を言い、元気に火の用心の歌をうたいました。

きんすけくんも登場して大喜び。


消防士さんからは、火事の怖さを劇を通して教えていただきました。
「火遊びは絶対にしてはだめだよ」

また、煙の怖さについても教えていただき、煙を避けて低い姿勢で避難することも知りました。

最後に万が一衣服に火がついてしまったら、どのような行動をとるとよいか、実際に動いて覚えました。(止まって 伏せて 顔を隠し 転がる)

今日のお話を忘れず、幼年消防クラブ員として活躍してほしいと思います
11:50
2018/06/04

カタツムリ

| by 多田幼稚園
お友達が見つけたカタツムリ。

飼育ケースのふちをゆっくりと歩いています。
にょきっと伸びだ目玉をチョンッと触ると・・・

「わ!」
目玉をひっこめる様子を面白がって何度も触ってみる4歳児さん。
「さわったらな なくなるで!絵文字:笑顔

こちらの5歳児の二人は・・・

「これカタツムリのたまごちゃう?」「これ(本)で見てみよう」
「・・・・」「やっぱりそうや!」「かたつむりの卵!」

身近に生き物を置いておくことで、子どもの興味や探求心をくすぐり、気づきや発見につながっていきます。
また、側に図鑑を置いておくことで、自分たちで調べたいときに見ることができます。
生き物との安全なかかわり方を知らせながら、身近に触れられるようにしていき、子どもが興味を持ち探求していく姿につなげたいと思っています。
11:37
2018/05/30

菊の栽培

| by 多田幼稚園
地域の方が大切に育てた菊の苗を持ってきてくださいました。
子どもたちはいただいた菊を毎年自分で育てています。

「こんにちは」「よろしくお願いします。」

一人ずつ、好きな苗を選んで切って刺し芽をします。
「どれにしようかな…」「どんなお花が咲くかな…」

「真ん中に きゅっとさすねんで」「はーい」

数週間後に、大きな鉢に植え替えです。どんな形のどんな色の菊が咲くのか…今から楽しみです絵文字:キラキラ
11:57
2018/05/22

ジュースと緑茶

| by 多田幼稚園
園庭に咲くツユクサの花びらをつぶすと、とてもきれいな青紫色になります。

指先でつぶして、指が紫になることに気が付いたAちゃん。
「せんせいーちょっときてー」と、さっそく先生に、自分が発見したことを嬉しそうに報告していました。

指先をカップの水に入れると、水に色がつくことを知ると、そこから色水作りが広がっていきました。

ツユクサが咲く場所を探して、必要なお花を摘みに行きます。



お花を浮かべて「はい、ぶどうジュース」

こちらでは…
黄色いお花でオレンジジュースやレモンジュース
キンカンやイチゴをつかった、おいしそうな匂いのするジュースもあります。


「せんせい~あったかい お茶 つくってあげるね」

と、葉っぱをすりつぶしながら、やさしく声をかけてくれました。

子どもが、園内の環境(自然物など)に積極的にかかわっていく姿を大切にしています。
遊びの中でいろいろな発見をしたり、イメージしたものを作るために工夫しながら遊んだりしてほしいと思っています。
09:37
12345