(C) Copyright Meiho Junior High School All rights reserved.
 

新着情報

 RSS

日誌

2019年度日誌
12345
2019/08/23new

明峰地区合夏季同パトロール

| by 校長
 昨日午後5時30分より、明峰地区夏季合同パトロールが実施されました。明峰コミュニティー安全部会・川西防犯協会明峰支部・青少年補導委員会・明峰地区自主防災会が主催され、各自治会や幼稚園小中高校の教職員・PTA役員の方、青少年育成市民会議の方など、多くの方が参加され、本校も20名以上の職員が参加しました。川西警察の方から、地域の防犯・防災についてのお話があり、その後6時頃から全員が8自治会区に分かれて約1時間、防犯と防災を意識したパトロールを行いました。普段歩いたことのない各地区の道路や公園などを地域の方とともに歩きながら、危険な、気をつけなければならない箇所を実際に確かめることもできました。
 今、世の中では信じられないような事件や事故が起こっています。明峰地区でも5月に子ども達が不審者の被害にあっています。住民の方や子ども達の命や安全を守るために、これからも学校・家庭・地域・関係機関が連携していかねばなりません。よろしくお願いいたします。
 
 
12:03
2019/08/22new

川西市夏期教職員研修

| by 校長
 川西市教育委員会は、夏期休業中に毎年、教職員研修(指定研修と選択研修)を実施しています。研修は、7月末の全員参加の教育講演会のほか、小中別の各教科研修、特別支援教育、人権教育、児童生徒理解、環境体験学習、幼児教育、食教育など様々で28講座あり、多くの教職員が希望して参加し、専門的力量を高めようと努めています。
 本日午後、「中学校社会科研修」が川西公民館で開催され、市内小中学校の約20名の社会科の先生とともに参加しました。講師は大阪教育大学教員養成課程の峯明秀教授で、『社会科の主体的・対話的で深い学びを追求した単元の学びをデザインする』という演題で講演をしていただきました。AI等の技術革新が増々進み、急激に変化していく社会を生きていく子ども達に教育でどんな力をつけていかねばならないか、新しい学習指導要領が目指す社会的な見方・考え方を実現していくための視点や方法、「主体的・対話的な深い学び」を目指した授業づくりや評価方法についての理論と方法など学ぶことが多々あり、聞いている教師にとても刺激的な内容でした。
 教師は「教える専門家」であると同時に「学びの専門家」でなければなりません。子どもたちの学ぶ姿勢を問う前に、まず『教師自らの謙虚さと向上心を持った学び続ける姿勢』が問われていること、そしてその姿勢が教師としての資質や力量を高め、子どもたちが生き生きと取り組むより良い授業づくりにつながっていくことを忘れてはならないと思っています。
 
17:10
2019/08/21new

漢字検定

| by 教頭

8月も残すところあとわずかとなりましたが、毎日、暑い日々が続いております。そんな中、8月21日に漢字検定が行われました。年に1回行われている漢字検定で、毎年多くの受検者がいるこの漢字検定ですが、今年も80名近い人数の受検者が集まりました。検定日までに勉強するのはもちろんですが、入室直前まで熱心に勉強したり、友だちと漢字のクイズを出し合う生徒がみられました。また、どの生徒も時間終了まで解き直しや見直しを入念に行い、外の暑さにも負けない熱気が伝わってきました。   (国語科より)
 


16:45
2019/08/20

部活動・生徒会太鼓練習 頑張っています

| by 校長
 夏休みも、後1週間となりました。お盆前後のノー部活デー・学校業務休止日が終わって、部活動の練習が再開され、生徒たちはそれぞれ頑張っています。台風の後も猛暑が戻りましたが、今週は曇りや雨が多くなりそうで猛暑は少しおさまりそうです。ただ、今日も熱中症の症状を訴える生徒が出て、油断禁物です。十分な睡眠や食事、体調管理など気をつけさせてください。
 今日は、午前中生徒会メンバーが学習発表会のセレモニーの太鼓練習を頑張っていました。今日で3回目、指導者の方に丁寧に教えていただきながら一生懸命練習し、リズムよく力強い音を響かせられるようになり、5分近い演奏のうち1分半位までできるようになったそうです。夏休みはもう1回練習があります。指導者の方、いつもありがとうございます。
 
 
11:38
2019/08/09

ノー部活デー・学校業務休止日のお知らせ

| by 校長
 明日10日(土)~16日(金)まで1週間、夏季休業中の部活動の休養期間としてノー部活デーとなります。ご家族での時間をゆっくりお過ごしください。すでに保護者や地域の皆様にお知らせしていますが、お盆付近の13日(火)~16日(金)の4日間は学校業務を休止します。教職員の「働き方改革」の一環として業務の負担を軽減して休暇を取得し、また電力についての節電にも努めるためです。趣旨についてご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。なお、上記期間(13~16日)内で、本校に緊急連絡が生じた場合は、市教育委員会事務局学校教育課(☎740-1212)までご連絡いただきますようお願いいたします。
 ホームページも8月後半まで休みます。いつも多くの方にご覧いただいて感謝申し上げます。2学期も「開かれた学校」を意識して、生徒たちの様子や学校の取り組みなどを頑張って紹介していきたいと思っています。
16:45
2019/08/09

野球部 秋季大会3位

| by 校長
 先日の7日(水)8日(木)に行われた、川西市猪名川町秋季野球大会で、野球部は1回戦猪名川中に6対1で勝利し、準決勝で清和台中に1対3で惜しくも敗れましたが、3位を勝ち取りました。暑い日差しが照りつける中、夏休み新チームになって頑張ってきた練習の成果を発揮しようと健闘しました。悔しさをバネに、9月の新人大会を目指して一層頑張ってほしいと思います。
 
14:43
2019/08/08

川西市内中学校特別支援学級合同社会見学・部活動

| by 教頭

8月に入って連日暑い日が続いています。暑さに負けず朝から部活動に頑張っています。見学に行くと、練習を止め、キャプテンの合図で、「教頭先生 おはようございます」と爽やかな声が体育館に響きます。先生は、いつも元気をもらっています。
 
 

先日の8月6日(火)に川西市内中学校・養護学校合同社会見学会が行われました。今回は「大阪市立自然史博物館」です。参加者は生徒、教師を合わせて62名で川西能勢口駅を出発しました。暑い中でしたが、みんなで公共交通機関を利用して、楽しくいきました。恐竜・クジラなどの骨格の模型、昆虫の標本、パズルゲームなど、たくさんの展示見学、体験を行い、生徒たちは大満足でした。 (特別支援担任より)
 

 


16:30
2019/08/07

校務員さんの仕事

| by 校長
 毎日猛暑が続く中、部活動を見て回っていると、校務員さんがグランドや中庭などで草刈りをされていたり、花壇の水やりや草ぬきなどの手入れをされている姿を見ます。花壇には、マリーゴールドやサルビア、ポーチュラカが大きく育ち、見事な花を咲かせています。きっと土が丁寧に手入れされ、栄養分が多くなっているからでしょう。毎年7月から夏休みにかけて、校務員さんは汗だくになって草刈り機で草を刈っておられます。ほおっておくと、グランドやテニスコート周辺、中庭、校門付近と一面に草が生い茂ってしまいますが、地道に草刈りをされているので今の状態が保たれています。心が和む花壇の花の世話や生徒たちが部活動や体育の授業、生活がしやすい環境作りなど、縁の下で支えてもらっています。
 
 
10:30
2019/08/06

猛暑の中での部活動

| by 校長
 毎日毎日猛暑が続く中、生徒たちは部活動を頑張っています。練習開始の8~9時には暑い日差しが照りつけて気温が30℃を越える中、顧問の先生もついて練習が始まります。10~11時の間に、私や教頭先生、養護の先生で運動部の活動場所を回ります。グランドは、残念ながらWBGT(暑さ指数)が31℃を越えてしまい、陸上部・野球部・テニス部・サッカー部は練習を中断したり(休憩して31℃未満になると活動を再開しています)、早めに終えて下校することが続いています。せっかく頑張ろうと思って登校しているのに残念だと思います。しかし、この猛暑は思い切り運動をする環境では決してなく、熱中症の危険が十分あります。体育館は日差しが当たらないこともあって蒸し暑いですが、31℃未満でなんとか練習ができています。
 「WBGT(暑さ指数)31℃以上は運動中止」という判断の基準がはっきり示されたことは、教師が子ども達の命や安全を守るために練習を中止することを決断するのにとても重要な意味を持っています。この猛暑が早くおさまって、生徒たちが部活動に打ち込めるよう願うばかりです。今日から甲子園で高校野球が始まりますが、学校現場での毎日猛暑の中での部活動の現状を考えると、「高校生球児たちの健康や安全は本当に大丈夫なのだろうか?」と思わざるを得ません。
  
        
16:30
2019/08/05

学習発表会に向けて

| by 校長
 7月末から8月初めにかけて、図書室でにぎやかに話す声が聞こえたり、静かに集中して本を読む姿が見られました。10月25日・26日にある学習発表会に向けて、劇づくりの第一歩である脚本を選ぶために、各クラスの実行委員やプロジェクトチームのメンバーが集まり、担任の先生も入って、図書室にあるたくさんの脚本集を読んだり、インターネットで調べた脚本を読んでいます。何度か集まって、訴えたいテーマやキャストの数や人物、場面転換や展開の仕方などを考え、どの脚本がクラスの劇としてふさわしいか意見を出し合って、2学期にクラスに提案する候補の脚本を2~3作選ぶことになっています。今年で、学習発表会での劇発表は最後となります。悔いのないよう、クラスで一致団結して心に残る劇づくりを頑張ってほしいと思います。クラスのために、夏休みに実行委員やプロジェクトメンバーが頑張ってくれています。
 
 
12:12
12345