(C) Copyright Meiho Junior High School All rights reserved.
 

学校教育目標

令和2年度  

                                                              川西市立明峰中学校

1.教育方針

人間尊重を基盤とし、人間性豊かな生徒を育てる

2.学校教育目標

(1)自ら考え、確かな学力を身につけた生徒を育てる     高い知性

 (2)人の尊さがわかり、共に伸びる生徒を育てる       豊かな心

 (3)たくましい体力・気力をもった生徒を育てる     たくましい力

3.学校経営方針

    教職員は、公教育に携わる専門職としての自覚と誇りをもち、切磋琢磨し、謙虚・親 和・探求を信条として、生徒と一体となり、一人ひとりを生かす教育の創造に努める。 

(1)教職員は、生徒との信頼関係を基盤とし、明るく生き生きとした学校創造に努める。

(2)生徒を正しく理解し、集団との適応と自己実現をめざす生徒指導の徹底を図る。

(3)道徳・人権教育の徹底を図り、差別を解消するための生きた学力を育てる。

(4)特別支援教育の推進を図り、社会的自立に向けた能力の育成に努める。

(5)教育環境の整備に努め、健やかな心と体を養う。

(6)勤労を大切にし、生徒の勤労意欲と物事に積極的に取り組む態度を養う。

(7)生命尊重を基盤とした、保健安全教育の推進に努める。

(8)地域社会・家庭・関係諸機関との連携・交流を密にし、情報を積極的に公開し、信頼を得、誇れる学校づくりに努める。

4.行動目標

「時を守り、場を清め、礼を正す」「こころを磨く」 社会生活の基本

   ・時を守り…時間を守ること、相手を尊重し、信用を積み重ねること

   ・場を清め…掃除に集中すること 美しい環境を保つこと

   ・礼を正す…自ら挨拶をすること 身だしなみを整えること

5.本年度の重点目標

◎自ら進んであいさつする    ◎主体的に考え、行動する心と力を育てる 

◎たがいの良いところやちがいを認め合う
◎困難に立ち向かうたくましい心を育てる

・人とのコミュニケーションの基本となるあいさつを自分から進んでする意識と態度を育てる。

・「わかる喜び」「できる喜び」「役に立てる喜び」「認められる喜び」「支えあう喜び」(自尊感情)を感じられる、たがいの良さを認め合える手立てを考える。

・自分(たち)で考え、工夫し、協力し、活動する場面を意識してつくりだす。

・自分とは違った考えを受け入れ、相手や周りのことを考えられる心の広さを育てる。

・人を傷つける言動や、いじめ・暴力・乱暴な言葉を認めない、許さない。
困難やしんどいことから逃げずに立ち向かい、解決していく強さやたくましさを育てる。

 

< 具体的な取り組みの方針 >

◎生徒理解と信頼関係づくり・・・「丁寧な」指導が基本 報連相による情報共有の徹底

・生徒理解に基づく生徒指導…生徒の心に寄り添うまなざし、言葉かけ、相談、支援。

・毎日の2行日記、教育相談・いじめアンケート(各学期に1回実施)

・「報告・連絡・相談」の徹底、生徒の情報の共有…多くの教師で生徒を見守る。

・問題行動の指導…「なぜいけないか」を考えさせ、分からせ、失敗をやり直しに結びつける指導。

・いじめの迅速かつ丁寧な指導…教師間の報連相を密にし、事実関係をきちんと把握し、被害を受けた生徒の立場にたち、保護者と対応を相談しながら指導を行うなど、迅速かつ丁寧な対応を行う。

・不登校の予防…生徒の状況に応じた丁寧な取り組み。

 

◎より良い人間関係づくり 集団づくり・・・「良いところを認め合う」生徒同士のつながりづくり

生徒が主体的に考え、行動できる活動づくり・・・自治活動の活性化

・話し合い・教え合い・助け合い活動などを通して互いを尊重し合う学級集団を育てる。

・リーダーを育て、活かす指導。生徒たちが自分たちで考え、話し合い、行動していく場面を設定する。

・行事への取り組みを通して集団の力やまとまりを高め、充実感・達成感を持たせる。

・充実した部活動の運営…自分たちで決めた目標に向かって挑戦する前向きな意識づくり。

 

◎あいさつすることが当たり前の校風づくり

・生徒会・風紀委員会・部活動を中心に生徒による主体的なあいさつの習慣づくり。

 

◎やる気の出る、分かる授業づくり・・・「主体的、対話的な、深い学び」をめざして

・生徒の主体的に学ぶ意欲を引き出し、できる・わかることを実感できる授業づくり。

・教科研修の充実…研究テーマを設定し、実践の交流や研究授業の参観及び事後研究のさらなる充実。

・学習の苦手な生徒への具体的な支援、不登校生への支援と配慮。

・信頼される評価方法の確立…学期ごとに各教科「学習内容と評価方法」の冊子を作成し、保護者に配布。



・次年度(令和3年度)の3観点(知識・技能・思考判断表現 学びに向かう力)に向けての評価方法の研究。

 

◎特別の教科「道徳」授業の充実・・・「人としての生き方を考え、議論する」道徳の授業づくりの研修と実践

・「考え、議論する」道徳の授業の実践。評価資料や評価方法の検討。

・いじめや人権・差別問題についての学習…「いじめや差別を許さない」人権意識を高める。

 

◎特別支援教育の充実・・・全職員で共通理解してかかわる

・特別支援学級在籍の生徒や通級指導を受けている生徒の障がいや特性、かかわりの留意点、保護者の願い等について全職員が共通理解し、報連相を大切にして、情報を共有しながらかかわる。

・特別支援学級の生徒とクラスや学年の生徒との交流を深める。

 

◎保護者との連携 信頼関係づくり・・・「保護者の思いを聞く」「早い、丁寧な、誠意ある対応」が基本

・「生徒のことを大切に考えている・心配している・ともに育てていく」教師の姿勢が信頼関係の基本。

・保護者の「話を聴く」機会を大切にし、丁寧に説明する。保護者の悩みや願いをきちんと受け止める。

・学校から積極的に情報を発信する(HP・通信・懇談会・説明会等)。

 

◎教師としての資質・力量の向上・・・「向上心と謙虚に学ぶ姿勢」と「和の精神」を大切に

生徒・保護者・地域の方から信頼される言動や対応。

・教師の率先垂範…あいさつ・チャイムで始まり終わる授業・清掃など。

・謙虚さと向上心をもって学び続ける姿勢、研修の充実・・・教科研修・集団づくり・道徳の授業づくりなど

 

 

~生徒の成長を願う、信頼される学校づくりに向けての教職員の協働実践~