日誌

川養日誌1
12345
2019/07/12new

曇天にも負けず!!

| by 校長

雨やどんよりした曇りの日が続いています。プールも入れる機会が少なく、子どもたちは残念がっていましたが、今日は水温、気温とも上昇しプールに入ることができました。楽しそうな声が聞こえていました。

来週には終業式があり、その次の週にはサマースクールが待っています。まだまだ熱い(暑い)日が続きます!

昨日、サンリオさんよりかわいいマスコット人形をいただきました。終業式で、子どもたちに配布する予定です。昨年は、サンリオコンサートが本校で行われ、”キティー”ちゃんが来てくれました。いろいろな方々の応援を本校はしていただいています。”感謝“の気持ちと同時に、期待に添えられるように、頑張っていかなければなりません。子どもたちの成長を願って~!


10:37
2019/07/10

県立猪名川高等学校との交流会!

| by 校長
 今日は、猪名川高等学校の生徒の皆さんが本校に来校していただき、交流会を実施しました。学校見学から始まり、自己紹介や体験授業を行いました。有意義な交流会になったと思います。特別支援学校の良き理解者が一人でも増えることを願っています。
 
13:40
2019/07/08

第一回校内授業研究会の実施!

| by 校長

本日は、今年度第一回目の校内研究授業研でした。指導助言に、武庫川女子大学の橋詰和也先生にお越しいただいて、午前中は研究授業・教育相談、午後からは研究討議を行いました。

一時間目は、小学部2クラスの自立活動「みる・きく・かんがえる」の授業を行い、こどもとのやりとりの中でコミュニケーション能力を高め、自立へと導いていくかが大きな柱だったと思います。一対一のやりとりの中で、子どもと向き合い、じっくり対話形式で進んでいく授業でした。

また、二時間目は高等部の「進路」作業学習の研究授業を公開しました。卒業後の作業所での実践的な授業内容でした。”集中“”持続“が大きな課題です。黙々と集中して作業する姿が印象的でした。

三時間目は、小学部1クラスの「グループ道徳」で「自分のことや友だちのことを知ろう」をテーマとし、個性の伸長や思いやりの心、友情、信頼に結びつけていくものでした。

第2回校内研究授業へと続いていきますが、実りある研究会としていきたいです。


15:50
2019/07/05

七夕に願いを込めて!

| by 校長

今年も七夕を迎える季節となりました。今週は、大雨の影響で九州地方の方々が被害にあわれています。お見舞い申し上げます。自然災害はいつ、どのような状況で襲いかかるかも知れません!その準備、対策はしっかり考えておきたいです。

各教室の前には、七夕が飾られています。それぞれ、短冊に自分の願いや家族の方に対する優しい思いやいろいろ書かれています。願いが叶うことを願っています。

明日は、7月度の川西月例会の日です。たくさんの方のご参加をお待ちしています。


07:32
2019/07/03

福祉車両が川西養護へ!!

| by 校長
 6月30日に、イオンにて車いす対応の福祉車両の贈呈式が行われました。川西市市長、教育長が代表で出席していただき、贈呈を川西養護にしていただきました。
 今までは、スクールバスでの交流や体験活動を行なっていましたが、さらに活発な活動ができます。また、緊急時の児童生徒の対応にも活用でき、心から感謝しています!!
ありがとうございました。これから、有効に大切に使わせていただきます!

07:24
12345