日誌

川養日誌1
12345
2021/06/18new

いろんな方々の力を借りて

| by 校長
 昨日は、さくら園の施設支援でしたが、本日は、療育相談でOTの角田先生に来ていただき、色々とアドバイスをいただきました。具体的で実践的なお話が聞けるため、凄く参考になります。突然、「冷蔵庫、貸してください」と職員が校長室にやってきたので、台車にのせて教室へもっていくと、冷蔵庫を開けておもちゃのイチゴをとる手の使い方の練習をするためでした。具体物があり、子どももイメージしやすく、見ている我々もとてもわかりやすかったです。こうしたアドバイスを授業に取り入れ、また保護者の皆さんにお伝えしていきたいと思います。冷蔵庫に変なものが入ってなくてよかった。

 
 本校は、川西市の清和台という住宅街にあります。この清和台には、小学校2校と中学校1校と本校の4つの学校があります。小中学校は、登下校の見守り隊や様々な活動でこの清和台の地域の方とかかわりがあります。
 しかし、本校の子どもたちは、登下校はバス・タクシー、川西市内と猪名川町内全域から来ています。そのため、学校が清和台という地域にありながらなかなか地域の方と触れ合う機会がありません。これは、課題であると常々思っていました。そんな中、地域の福祉部のみなさんが、KYFプロジェクトのヒマワリ畑の苗の植え替えに来てくださいました。現在緊急事態宣言中で、校内に入っていただいたり、子どもたちとかかわっていただいたりすることはできませんでしたが、本当にありがたいことです。今回のヒマワリ畑を通じて、地域のいろんな方とお出会いしたり、お話したりできました。これからもどんどん広げていき、コロナが落ち着いたら、子どもたちともかかわっていただきたいと思います。
 本日、お越しいただいたみなさん、何のお構いもできませんで申し訳ありませんでした。畑がまっ黄色になる頃に、必ずお越しください。お待ちしています。本当にありがとうございました。
 
  
  

 2段目が埋まりました。本日、3段目も耕しました。結局全部やることになりました。元気に育ってほしいと思います。
20:57
2021/06/17new

今日は話題が豊富です。

| by 校長
 今日一日、話題が豊富で絞り切れないので、全部紹介します。
1つ目、歯科健診を行いました。とても丁寧なDrで、子どもたちの様子が心配でしたが、みんな大きな口を開け素晴らしい態度で健診を受けました。


2つ目、朝7時半頃廊下を歩いていると、家庭科室でコトコト音がたのでのぞいてみると、若い男の先生が、コーヒー、カレー粉、食紅で何かを作っていました。何をしているのか尋ねると、「3時間目の準備です」ということなので、見に行く約束をして3時間目に小学部の授業を見に行きました。すると、白と茶色と赤のゼリー状のものを、子どもたちは握り潰し感触を楽しんでいました。子どもたちは、とても楽しそうに感触を味わっていました。カレー粉は、匂いがきつく牛乳に変えたようでした。いろんな教材準備をしている先生方に感謝。
  
  

3つ目、さくら園の施設支援で作業療法士の比企先生にお越しいただき、色々とアドバイスをしていただきました。コロナでなかなか実施できなかったのですが、やっと実施できました。子どもたちは、久しぶりに比企先生に会えてうれしそうでした。



4つ目、最後です。校長室の扉をいつも開放していて、前を通る子どもたちが時々のぞいてくれます。そんなときに、楽しんでもらおうと回転式抽選機(ガラガラ)を置いて回してもらっています。中学部の女の子が来てくれ、何とか回そうとしている手が、素敵だったので紹介します。結果ははずれでしたが、回し方は大当たりでした。

21:00
2021/06/15new

少しずつ日常に

| by 校長
 先週は、子どもたちも生活習慣を取り戻すために、また6日間という変則的な週のために少し様子が違ったのですが、今日はいつもの日常に戻ってきたという感じでした。いかに、日常が大切か、また続けていくことが重要かを改めて感じました。みんなで、この日常を守っていきたいと思います。
   
   

20:25
2021/06/12

ひまわりの少女 ~ありがとう~

| by 校長
 今日は土曜日、本来であれば保護者の皆さんと一緒にわくわくサタデーという行事を行う予定でしたが、緊急事態宣言中ということで延期となり、午前中のみ授業を行いました。児童生徒の皆さん、今週6日間お疲れ様でした。
 下校後、先日高等部が田植えをした苗を、高等部の先生が田んぼに植えました。また、校務員さんが、上から水路をつくり水を引いてくださいました。本格的になってきました。川西養護学校農業部!?

  
    掘れているところが水路          なかなか本格的です

 ところで、タイトルなのですが、本日ある少女いや、美女がヒマワリを植えに来てくれました。というのも、私が一人である土曜日に作業をして、疲れ果てヒマワリの企画をやめようと弱気になっていたところ、笑顔で励ましてくれ何とか畑を耕すことができました。そして、ぜひヒマワリの苗を植えてもらおうと声をかけ、本日植えてもらいました。ただ、植えるところがなくなり、3段目ある元田んぼの2段目を半分耕し、苗を6畝ほど植えてもらいました。そのときに、「2段目も全部あったほうがきれい」と言われ、本日耕しました。もう誰も3段目までとは言わないで、という思いでいます。
 少女いや、美女正体は、保護者会でお話しします。

   
    1段目          2段目          3段目
18:56
2021/06/10

手間がかかることは、楽しいこと

| by 校長
 5月の後半からいろいろありましたが、学校が通常の状況に戻りつつあります。保護者の皆様、いろいろとありがとうございました。
本日5.6校時、高等部が田植えをしていました。田植えといっても、なかなかの日差しで大変です。そのため玄関前で、扇風機を設置して熱中症対策をして行いました。手前味噌ですが、田植えの方法の先生方のアイディアがすごいんです。
①プランタの受け皿にビニールを敷く
②その上に木枠(そこが抜けている)を置く
③土(泥)を入れる
④稲を植える
 こうした工程で、本校の子どもたちがやりやすい方法でした。(写真を見てください)
 田植えの体験と土(泥)を触る体験を子どもたちに味わってほしいという先生方の気持ちがひしひし伝わってきました。見ていた私も思わす参加したくなり、「とことんやってしまえ!」と介助員さんの一声で、腕まで泥を塗りあいました。この後、片付けが大変でしたが、準備と片付けの手間がかかることは、楽しいことが多いです。いろいろ手間をかけて、これからも子どもたちと活動していきたいと思います。
   
   
   
   

『今日のヒマワリ』
 「ハーモニー」と「どんこうサークル」の皆さんもヒマワリの種を植えてくださいました。

   

15:01
12345

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。