お知らせ

サマースクール

   川西養護学校では夏休みに入ると、サマースクールを開催します。この事業は創立以来続くもので、今年で35回目となり恒例行事となっています。個々の児童・生徒に最適と思われる自立活動の指導を集団で集中的に実施し、学習効果をねらうものです。今年は、7月22日から24日までの3日間実施しました。
   サマースクール中、県下各地よりスーパーバイザーの方々に来ていただき、子どもたちの指導に当たっていただきました。子どもたちや保護者にとっては、からだの動きや認知面について学ぶ有意義な時間となっています。また、教職員にとっても自立活動の知識や技能を高める研修の機会となっています。
   また、本校が地域の特別支援教育のセンター的役割を担うという点から、今年度も川西市・猪名川町の小・中学校へ呼びかけ親子と先生方にもご参加をいただきました。
 自立活動を終え子どもたちが下校した後は、教職員研修の場となります。自立活動について、動作学習の実技、言葉の発達と指導などのテーマでスーパーバイザーの方々や講師先生から指導助言をしていただきました。2学期以降の個々の子どもたちへの教育活動に生かしていける知識や技能を高めることができました。

 

わくわくサタデー

 

 

 6/8(土)に1学期の大きな行事 “わくわくサタデー”を行ないました。開会式の後、“カローリング”ゲームをしました。“カローリング”とは冬のオリンピックのカーリングに似たゲームで、木製の円盤を的に向かって投げて、得点を競うゲームです。みんな必死でゲームに夢中になりました。
“おかし釣り”ゲームも行われました。釣り竿をうまくあやつり、30個以上お菓子を釣った人がたくさんいました。中には50匹も釣った人もいました。
昼食は保護者の方と食事会です。お弁当がいっそうおいしくいただけました。午後からは、学校近くにお住まいのピアニストさんにピアノの弾き語りでミニコンサートをしていただきました。心が癒される
楽しい時間でした。今年度もたくさんの方々にご支援していただき、わくわくサタデーはとても盛り上がりました。

 


 
 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。