川西市立川西小学校

                     〒666-0021    川西市栄根1-1-1     TEL072-759-1110    FAX072-759-1111

 

お知らせ

2012年度卒業生の皆さんに、当時の担任の先生たちから、次のような「お知らせ」があります。
★成人式の後のタイプカプセル開封は、コロナ感染拡大予防のため、延期します。楽しみにしていたので、とても残念です。また、みなさんに会える日を楽しみにしています。

12月2日付け保護者配布文書
 ➡ 新型コロナウイルス感染症に関する感染防止対策の徹底について(改訂版).pdf


★令和2年度川西市立小学校の修学旅行につきまして、宿泊を伴う修学旅行は中止となりました➡
令和2年度の修学旅行について(保護者宛).pdf 
★9月11日(金)修学旅行説明会は中止とさせていただきます➡令和2年度修学旅行説明会の中止について.pdf

オンラインで活用できる学習支援コンテンツ

ミライシード(川西小学校)
子供の学び応援サイト(文部科学省)(外部リンク)
兵庫県教育委員会学習支援コンテンツ(外部リンク)
おうちで学ぼう NHK for School(NHK)(外部リンク)
国語(光村図書)
算数(啓林館)
東京書籍.pdf

 


 
 
名前
サイズ
コメント
 
 RSS
絵本の読み聞かせ日誌01/18 11:24
今日の給食日誌01/15 16:11
まもなく阪神淡路大震災から26年日誌01/15 13:50
今日の給食日誌01/14 17:10
1年生「こま名人」日誌01/14 13:17
今日の給食日誌01/13 17:00
もうすぐ中学生、自覚を高める6年生日誌01/13 12:27
今日の給食日誌01/12 16:40
雪の朝日誌01/12 08:17
学校の様子
12345
2021/01/18new

絵本の読み聞かせ

| by 校長
 1年生の図書の時間に、「えほんのもり」さんが教室で読み聞かせをしてくれました。
 最初は「おたすけてんぐ」です。おたすけてんぐがみんなの願い事を叶えていきます。とびだす絵本で子どもたちはぐぐっとお話に引き込まれます。

お話を聞いている子どもたちは、どんどん前のめりになっていきます。

 続いて「十二支のはなし」の紙芝居です。どうして12匹の動物が十二支に選ばれたのかやその順番についての楽しい分かりやすいお話です。実は始業式に私(校長)はどうして牛が2番目になったかという話をしたのですが、そのことを子どもたちが覚えていてくれたのはとても嬉しかったです。

 続いて「オニのサラリーマン」です。おなじみ川西出身の富安陽子さんの楽しい絵本です。大人が読んでも楽しい絵本になっています。子どもたちはさらに前のめりになって聞いていました。

 最後に「こぶたのブルトン ふゆはスキー」です。想像もつかない展開をしていくお話です。子どもたちはどんな展開でもついてこれます。とても楽しそうでした。

 読み聞かせで読書への興味を広げるきっかけにしてほしいなと思います。緊急事態宣言下で外出自粛と言われています。大人も子どもも本に親しむ期間にするのもいいのではないでしょうか。
11:24
2021/01/15new

今日の給食

| by 給食室

 牛乳 白飯 味付けのり 豚汁 かんぴょうの炒め煮

 今日は給食のご飯を使って、各自おむすびを作るように献立をたてました。日本人のお米を炊く習慣、ごはんをおむすびにする食文化が災害時にはとても役にたちます。
 子どもたちには、しっかりと受け継いでいってほしいと思います。
 災害時にライフラインが絶たれ、お店も閉まっていたら、あなたはどうやって今日の自分のご飯を用意しますか?いざという時のため、普段から考えておくことが大切です。


16:11
2021/01/15new

まもなく阪神淡路大震災から26年

| by 校長
 1月17日は阪神淡路大震災から26年となります。26年前、私(校長)は尼崎のマンションに住んでいて被災しました。マンションが倒れるのではないかという強烈な揺れがあり、冷蔵庫以外のすべての家具が倒れ、床には割れた食器が散乱し足の踏み場もない状況でした。当時の恐怖と驚きは言葉ではうまく言い表すことができません。マンションのさまざまな設備にも異常をきたし、普段エレベーターであいさつする程度の他の住民の方々と力を合わせて対応をしました。切羽詰まった人たちが1つの問題解決に向けて、同じ気持ちで力を合わせるとものすごい力になることを知りました。また、みんなたいへんな中がんばっているから、自分もがんばろうと力をもらい、心が安定していきました。「つながり」の大切さを感じた大きな経験です。震災では甚大な被害により、たくさんのものを失いましたが、震災が教えてくれたこともたくさんありました。たいへんな時こそ気持ちを1つにしてつながりあうことが大切です。現在のコロナへの対応についても、「コロナの終息」が私たちみんなの思いです。改めて震災当時の事を思い出して、みんなでつながり合わないといけませんね。

 今年度は1月17日が日曜日なので、子どもたちは今日の授業で阪神淡路大震災について学習をしました。震災を風化させてはいけません。経験をしていない子どもたちに、しっかりと伝承していく学習をしました。当時の映像等を見ながら大震災の様子を伝えます。地震の恐ろしさ、備えの大切さ、助け合うことの大切さ・・・この学習には大切な学びがたくさんつまっています。
 そして、給食ではみんなで「おむすび」を作りました。震災当時多くの避難所生活をしている人たちに、農家の方々から「おむすび」が届きました。温かい気持ちが被災した人々の大きな心の支えになりました。そのことから1月17日は「おむすびの日」と定められています。おむすび作りはそれにちなんだメニューと取り組みです。

ラップに包んだご飯を、それぞれお気に入りの形ににぎります。
にぎったおにぎりで記念撮影。みんないい笑顔です。

「めっちゃおいしい」とぱくぱくとかぶりついていました


13:50
2021/01/14new

今日の給食

| by 給食室

 牛乳 小豆ごはん すまし汁 いかの甘辛煮
               はくさいの和え物

 明日1月15日は「小正月」です。小正月には小豆がゆを食べる風習があります。小豆の赤い色には不思議な力があり、悪いものから身を守ると信じられてきました。小豆がゆではなく、ぜんざいを食べる地域もあるそうです。
今日は一日早いのですが、小正月の行事食として、給食室で小豆ごはんを炊きました。


給食室の大きなお釜であらかじめ小豆をゆで、ゆで汁とともに炊飯器に移し、炊き上げました。
ごはんに小豆から出た色がほんのりついて、お赤飯のようでした。
17:10
2021/01/14new

1年生「こま名人」

| by 校長
 川西小学校に「こま名人」がやって来て、1年生に「こま」についての授業をしていただきました。「こま名人」はこま回しがとても上手で、こまのことをたくさん知っている仲の良いご夫婦です。
 まず、子どもたちにこま回しのいろいろな技を見せていただきました。「こま名人」がこまの綱渡りなどの技をすると、子どもたちからは「すごーい!!」と歓声があがります。
 また、いろいろな種類のこまを回して見せていただきました。各地方のこま、大きいこま、小さいこま・・・たくさんのこまの種類があるのにはびっくりです。
 そして、こまを回しながら桃太郎や一寸法師の楽しいお話もしていただきました。元々小学校の先生をされていたご夫婦なので、こまはもちろん名人なのですが、子どもたちにお話をするのも名人です。楽しいお話、ためになるお話で子どもたちの興味をひきつけて、あっという間の充実した1時間でした。
 子どもたちも、こま回しにチャレンジしました。教えてもらいますが、なかなかうまくこまを回せません。こま回しは日本の伝統的な遊びです。また、練習をしてみんな上手にこまを回せるようになってくださいね。
 「こま名人」から子どもたちへの宿題は、今日のこまの授業の話をお家の人にするということです。保護者の皆さんは、お子様から今日の「こま名人」の授業の話を是非聞いてみていただきたいと思います。

13:17
12345

カウンタ

来場者1486444

カレンダー

前年2021次年
前月01次月
 
1
 

 

 

 

 

 
元日

 

2
 

 

 

 

 

 

 

3
 

 
成人の日

 

 

 

 

 

4
 

 

 

 

 

 

 

5
 

 

 

 

 

 

 

6