川西市 川西南公民館 Web Page

 

お知らせ

 ■ 図書室からのおしらせ ■

  〇 2月17日(月)から29日(土)まで、中央図書館の特別整理を行います。
         そのため、図書の貸出しは休ませていただきます。
       (公民館図書室の閲覧は可能です)
  
           

 

新着情報

公民館日誌

公民館の話題を伝えます
12345
2020/02/25new

図書室リニューアル ③

| by 館長
 狭いスペースなのに、閲覧机の大きなことが悩みのひとつでした。一方で、会議室の机の幅が狭く、洋裁などの作業には使いにくいとの声がありました。今回、会議室の机と交換し、閲覧机の位置を変えました。
 また、スチールロッカーを書架代わりに利用しているため、「ロッカーの角が鋭角で危険ではないか」と、職員から指摘がありました。そこで、防護用のコーナークッションを設置し、安全も確保しました。
 今後、利用者の皆様にも、色々な改善の意見をお聞かせいただき、より良い図書室にしていきたいと思います。

09:00
2020/02/21new

図書室 リニューアル ②

| by 館長
 図書室のリニューアル。蔵書の整理も行った結果、少しゆとりのある展示ができるようになりました。そのスペースを活用して、表紙を見せて展示する『面展示』を行うことにしました。
 今回は、「公民館職員がおすすめする一冊」「みんなに よんでほしい えほん」を展示しています。
 また、絵本には、大きな絵本や小さなえほんがあります。大きな絵本は本棚に収まらず、横置きしていました。小さな絵本は、他の絵本に埋もれていました。そこで、「ちいさなえほん」と「おおきなえほん」のコーナーを設けました。少しはみやすくなったでしょうか。

13:01
2020/02/20

恒例 川西南寄席

| by 館職員

 毎年この時期に恒例となった「川西南寄席」。出演は、伊丹市出身・川西市育ちの噺家、てんご堂雅落(がらく)さんです。

 身の回りの出来事も、ちょっとした仕草や表情も、面白い“笑い”に変わってゆきます。笑うことは健康にもよいとされ、笑い声で会場も大いにあたたまりました。

 最後は、落語「延陽伯(えんようはく)」にて、笑いにあふれた1時間半となりました。




17:00
2020/02/19

子どもの使いやすい図書室へ

| by 館長
 川西南公民館の図書室は、大きくありません。そんな限られたスペースで、公民館の特徴を出すため、児童用図書、特に絵本を多く揃えてきました。
 しかし、これまでの統一性・計画性のない書架購入の結果、絵本も高い位置に置かれていました。子どもにとっては、手が届かない高さです。
 今回、図書室を右側を児童用図書、左側を一般図書に分けるとともに、絵本を背の低い書架にまとめました。子どもの目線で、絵本を選べるようにリニューアルしました。
 リニューアル後、一番の来室者は、いつも勉強にやってくる受験生です。インフルエンザが流行する中、頑張ってくれればと陰ながらエールを送ります。 


16:30
2020/02/12

体も心も軽やかに

| by 館職員
 2月10日月曜日に、第2回目の健康促進講座「きれいな姿勢のレッスン」を開催しました。
 今回は、前回よりも立って行うトレーニングも多く、“体をゆるめる”に対して、“伸ばす・鍛える”というバランスも大切にした講座内容でした。
 受講後の講座アンケートより、受講者の感想を一部紹介します。
・「先生の指導が丁寧でわかりやすかった。」
・「体を動かしてあたたまりました。」
・「先生のお話が楽しかった。」
その他にも、気持ちよく、体にひびいてよかったという声を多数いただきました。
15:00
2020/02/05

グループ登録を完了

| by 館長
 公民館の駐車場側出入口脇にある小さな梅の木。立春を過ぎ花を咲かせました。梅の種類は多く、何という種類かはわかりません。確実に春がやってきています。

 さて、来年度、公民館活動を行うグループの登録が完了しました。各グループに「登録承認書」を発行します。これにより、2月10日から、4月の活動に必要な部屋の予約を受け付けます。
 川西南公民館のみならず、公民館活動グループの高齢化が顕著です。一人抜け、二人抜け、しだいに人数が少なくなってきます。
 川西南公民館では、公民館講座として「活動体験会」を開催し、新しいメンバーの掘り起こしに力を注いでいます。
 高齢になると、一人で家にこもる方が多くなります。ぜひ、楽しい活動機会、新たな仲間を見つけてみてはどうでしょう。



10:33
2020/02/03

節分と恵方巻

| by 館長
 節分は厄払いのための豆まきが伝統的行事です。今、大阪発祥の恵方巻がコンビニ商法により、全国に広まりました。恵方巻は、その年の恵方を向いて、無言で太巻きずしを丸かじりすると、無病息災や商売繁盛をもたらすとされます。鬼退治になぞらえて、太巻きずしを逃げ出した鬼の金棒に見立てて、鬼退治するという説もあります。きっと、後付けでしょう。
 一方、売れ残った太巻きずしを大量廃棄することが問題視されています。クリスマスケーキも同様、節度ある対応が求められます。
 今年の恵方は、西南西です。太巻きずしがなくても、家族の健康を祈ってみるのもよいでしょう。

06:08
2020/02/01

2月 如月

| by 館長
 『春は名のみの 風の寒さや』(「早春賦」・尋常小学校唱歌)。立春を過ぎて暦の上での春になっても、春は名ばかりの寒さ、ということです。
 今年の立春は2月4日。この日から立夏(今年は5月5日)までが「春」です。ちなみに、九州など温暖な地域では、このころから梅も咲き始めます。 
 さて、2月といえば「節分の豆まき」。家の中から邪気や災厄をはらう行事です。まだまだ、インフルエンザの流行も収まりません。皆さんも、自愛ください。

  洛陽に春立つ二月三日かな  子規


06:12
2020/01/30

紙芝居舞台

| by 館長
 川西南公民館には、児童書や絵本とともに『紙芝居』を所蔵しています。アンパンマンや童話ものなど様々です。地域のイベントなどでも活用いただいています。
 今回、公民館所有の『紙芝居舞台』を貸し出し可能にすることとしました。せっかく紙芝居を利用していただくなら、“気分”も貸し出すこととしました。横40cm、縦33cmの紙芝居舞台です。
 書類を1枚お書きいただきますが、遠慮なくご利用ください。



09:00
2020/01/27

きれいな姿勢を目指して

| by 館職員

 今日は健康促進講座「きれいな姿勢のレッスン」が開催されました。1回目のテーマは、『骨格に意識を向ける』です。
 骨や筋肉のつくり・仕組みに集中して体を動かすことで、同じ動作でも、動く筋肉が違ってくるので不思議です。
 ハードな筋力トレーニングとは違った体の鍛え方で、体と心をときほぐすような、ゆったりとした時間となりました。


15:00
12345