新着情報

 RSS

日誌

東谷小 日記
12345
2019/06/20new

6年授業見学

| by 学校管理者
6年生の音楽・英語・国語の授業見学をしました。
音楽は鑑賞の授業でホルストの組曲「惑星」より「木星」を聴いていました。オーケストラの音色や響きにたくさんの印象を持ったようで、感想や意見が活発に出されていました。
英語はALT(外国語指導助手)の先生の指導のもと、動物の名前を使いながら、類似する発音の違いなどを、声を出して先生の顔(口もと)を見て何度も発音していました。耳から覚えていく英語は感性豊かな年代の子どもたちにぴったりで、喜んで発音して真似をする姿がよかったです。
国語は「シャープペンシルを使用してよいか」というお題に「Yes  or  No 」に分かれてディベートをしていました。意見を言いたくて、うずうずしている子もいれば、黙って仲間の意見を聴いている子もいます。でも、司会の児童が教員のアドバイスで挙手していない子にも指名をし始めたのですが、指名されたどの児童も自分の意見を述べていました。なかには、理由をしっかりと説明できる児童もいて、6年生としての成長のあとを感じました。
      
      
給食献立は「牛乳」「ごはん」「はるさめスープ」「えびのケチャップかけ」「もやしナムル」です。
今日は中華風・韓国風のアジアンテイストです。もやしナムルのもやしは豆付きで、新鮮な歯ごたえでおいしかったです。もやしナムルにはごま油が使われていますが、えびのケチャップかけは、昔は貴重で高価だった菜種油を使って、カラッと揚げられていてとってもおいしく、食感も十分楽しむことができました。ごちそうさまでした。
1年生の給食の準備と食べている様子も見学しました。ずいぶん準備も上手にできるようになってきました。待っている間に絵本を静かに読む児童のいるクラスもあります。食べているときの子どもたちの表情は、なんとも言えずゆったりとしていて幸せそのものです。

      
      

11:30
2019/06/19new

5年生授業見学

| by 学校管理者
5年生の3クラスを授業見学しました。
図工では仕上がった作品を台紙に貼って完成作業をしていました。理科では植物の発芽のしくみをワークシートを使って教員の説明を聞く場面でした。もう1クラスはパソコンルームに移動して2学期に行く自然学校のことについて調べ学習をしていました。
自然学校に行くための事前学習用ワークシートには、それぞれの児童が「友達と一緒に泊まるのが楽しみ」「お料理を自分たちでできるのがうれしい」「アスレチックに挑戦するのでハラハラドキドキ」「夜のキャンプファイヤーを期待しています」「きれいな景色を見てみたい」など、それぞれの思いを書き込んでいました。そして、自然学校の舞台となる「丹波少年自然の家」のフィールドのことなどをいろいろと調べていました。
     
      
給食献立は「牛乳」「ひじきごはん」「もち麦めんのふし汁」「高野豆腐の含め煮」です。
毎月19日は「食育の日」となっており、また6月は「食育月間」でもあります。
そのようなこともあって今日の食材は兵庫県産のものをできるだけ使ってあります。ふし汁と含め煮にはいっている「たまねぎ」は川西市内地元農家産です。「ひじき」と「もち麦めんのふし」も兵庫県産です。
ひじきごはんは、ごはんと一緒に炊かれていて、全体にひじきの香りと味がいきわたり、色合いもとてもよく絶妙なお味でおいしくいおただきました。ごちそうさまでした。
      

12:51
2019/06/18new

図工授業、水泳授業

| by 学校管理者
3年生の図工授業を見学しました。カッターナイフを使って「世界に一つのマイ枝ペンづくり」をしています。
カッターナイフの使い方を覚えて制作にとりかかります。カッターナイフを使うのは初めての児童もいて、指導教員も何度も危険な使い方をしめしながらも、さまざまな正しい使い方を教えていました。子どもたちは指先を起用に使いながら、力加減を少しずつ覚えていきます。指を切らないように真剣・集中して取り組んでいます。
      
2年生の水泳授業を見学しました。
プログラムは「顔を水につけ潜る練習」「伸びて浮く練習」「全員でプール内を同じ方向にぐるぐる回る洗濯機」そのあとは「背伸びバタ足練習」と続いていきます。顔を水につけて潜ることが苦手な児童は別メニューで少しずつ水への恐怖心を少なくする練習をしています。
1年生よりステップアップしたメニューと児童の勢いよさが出ていて、心身共に1年間の成長が感じられました。
      
給食献立は「牛乳」「ごはん」「きゃべつのみそ汁」「さばの煮つけ」「うめぇQ」です。
きゅうりには「梅びしお」という梅干の種を除いて練ったものと花かつおが味付けに使われていて食欲が高まります。梅びしおにはクエン酸が多く含まれていて消化を助けたり体の疲れをとったりする働きがあります。
1年生の教室をのぞいてみますと「僕、さば大好き!」と声をかけてくれる児童がいました。調理の場面を給食室に見学に行かせていただきましたが、大きな鍋の中でサバにたっぷりと味噌の味がいきわたっていくところを見ることができました。とってもおいしくいただきました。ごちそうさまでした。
      
      
午後から6年生が水泳授業をしていました。
プールを何度も往復して練習を進めていました。4つのグループごとに進めるのでほとんど休憩も取らずに、クロール、潜水、平泳ぎと繰り返し練習をしました。2年生に比べるとダイナミックで魚のように泳いでいました。「私は泳ぐの苦手です」と言いながらも笑顔でチャレンジしていました。ファイト!
      

12:46
2019/06/17new

クラブ活動2回目

| by 学校管理者
2回目のクラブ活動を行いました。
今日は校舎内で活動しているクラブを見学しました。トランプ・UNO、ドミノ、ダンス、パソコン、科学実験、工作、将棋・オセロ、マンガ、手芸、映画鑑賞、器楽合奏、写真などです。
児童たちの生き生きとした表情が印象的です。4年生から6年生までですが、自分が興味ある活動に参加できてとってもうれしそうです。
教員も普段と違ってリラックスした表情であったり、真剣・集中していたり様々で見学していてもバラエティに富んでいて楽しいです。
    
    
    
      
給食献立は「牛乳」「ごはん」「そぼろ煮」「じゃこピーマン」「びわ」です。
そぼろ煮には川西市内の農家で育てられたじゃがいもとたまねぎが使われていました。じゃがいもは皮が赤くて中身が黄色い「レッドムーン」という品種でした。たまねぎは11月頃から、じゃがいもは2月頃から準備し、植えられて育てられてきたとれたてホヤホヤの食材です。地産地消はフードマイレージ(食べ物を運ぶ距離)が少なく地球環境にやさしく、新鮮な味わいでいただくことができます。じゃがいものやわらかさと甘さは採れたてのぜいたくです。とってもおいしかったです。ごちそうさまでした。
「地産地消通信」~川西市内の畑からこんにちは~というアナウンスも児童たちに出されて、食べることも学ぶことのひとつとして大事にされています。
      
      

12:42
2019/06/14

4年里山体験学習

| by 学校管理者
4年生が朝から1日黒川地区の里山体験学習を実施しました。
午前中は里山歩き、午後からは炭焼き窯見学です。山下駅から妙見口駅まで能勢電車に乗って、そこからは徒歩で黒川公民館まで到着しました。
現地黒川地区地元のサポートスタッフガイドのもと里山を散策しながら様々なことを教えていただきました。途中の山間では「ここなら山びこが聞けるかもしれませんよ!」とアドバイスいただき、クラス全員で「ヤッホー!」と全力で叫びますと「ヤッホー」と山に響いてみんなの声が返ってきました。思わず拍手が出ました。
緑のトンネルや田んぼや植物、野生の動物や昆虫のことなど学びの宝庫でした。4年生はみんな元気で約1時間の山歩きでしたが、弱音を吐かずに歩きとおしました。すごい!
シイタケの原木やモリアオガエルに歓声があがり、一生懸命写真を撮る姿が見られました。
      
      
給食献立は「牛乳」「ごはん」「ワンタンスープ」「じゃがいもの中華炒め」「ぶどうかん」です。
じゃがいもは、もともと観賞用の植物だったらしいのですが、イモ類の中でビタミンCが1番たくさん含まれていて、育てやすく長持ちし、でんぷんで守られているので、加熱してもビタミンが壊れにくいという特長があります。
今日は中華風のお料理メニューでした。同じ素材でも世界の様々な料理によって味わいが違ってくるのが、食べることの大きな楽しみのひとつです。里山で1時間山歩きした後でしたので、おなかがペコペコになり、そのあとの給食はとってもおいしかったです。ごちそうさまでした。
      

12:47
12345