兵庫県川西市立東谷中学校 Web Page

(C)Higashitani  Lower Secondary School All rights reserved.
 
更新情報
 RSS
学校日誌
学校日誌
12345
2019/06/20new

期末考査2日目

| by 学校長
 本日も3時間テストが行われています。
 普段なら一日のスタートは読書なのですが、テスト中は、朝学活前の時間に自学をしています。3年生の教室を覗いてみると、みんな無言で真剣に学習していました。
 自分のために頑張っているのですが、周りの生徒に迷惑を掛けないように気を遣っているようにも見えます。
 3年生は、このテストの重要性や内申点のことはよくわかっていると思います。そのことが伝わってくる雰囲気です。
  
  
 明日から部活動が再開されます。久しぶりの活動なので、多めの水分を用意するとともに、熱中症には十分注意をしてください。
11:36
2019/06/19new

期末考査1日目

| by 学校長
 今日から期末考査が始まりました。
 1年生にとっては、初めての定期考査です。朝学活の時間に、担任の先生から「くれぐれも不正行為がないように」と散々念を押されました。ただでさえ緊張しているところに、更に緊張感が増したかもしれません。それが焦りにつながっていなければよいのですが。
 名前の書き忘れを指摘される生徒がたくさんいたようです。やはり焦っていたのかもしれません。数学の答案用紙を見ると、最後まで解答できている生徒がほとんどですが、技術家庭科は、多くの生徒が時間が足りなかったようです。時間配分も考えないといけません。
 明日も3教科(英語・理科・保健体育)のテストが予定されています。今日の経験が明日に生きるといいですね。
  
  

16:39
2019/06/18new

期末考査前日

| by 学校長
 明日から期末考査が始まります。今日の放課後は、各学年の質問会が行われました。
 今日は、週1回の「英語基礎講座」も行われました。今日はテスト直前ということで、テスト対策をしてもらいました。先生の質問に対して積極的に挙手をする生徒がほとんどです。最初は英語に苦手意識を持つ生徒が多くいましたが、積極的な姿勢を持てるようになっています。まだ開講して1ヶ月ほどしか経ちませんが、成果が表れ始めています。
 1年生の質問会には、他学年よりもたくさんの生徒が集まっていました。初めての定期テストと言うこともあって、意識が高いのかと思いきや、半分くらいの生徒がプリントをもらうことを目的に集っていました。教科担当の先生に聞くと、プリントは一度配られたものだそうですが、管理が悪く、なくしてしまったようです。まだ小学生気分が抜けないのか、計画通りに学習できていない生徒も多いとのこと。「1度痛い目を見ないとわからないのでは」とは、ある1年生の先生の言葉です。
 さて、明日テストを受けてどのような感想を持つのでしょうか。
  

17:35
2019/06/15new

土曜参観

| by 学校長
 本日、土曜参観を行いました。雨が降ったりやんだりするあいにくの天候でしたが、朝からたくさんの方にご来校いただきました。小学生の姿もちらほら見かけました。
 5時間目には、2.3年生が行事の報告会を行いました。(1年生は放課後に野外活動のビデオ上映を行いました)
 2年生のトライやる・ウィーク報告会では、いくつかの事業所の生徒が、自分が体験した活動を寸劇やスライドを交えながら発表しました。中には先生が登場する発表もあり、時折笑いがおこる和やかな雰囲気の発表会になりました。
 校長からの話では、「その仕事の苦労がわかった人」と「その仕事の喜びがわかった人」を質問し、挙手で答えてもらいました。それぞれの質問に対して、ほとんどの人が手を挙げてくれました。とっても貴重な体験をさせていただいたことがよくわかります。
 3年生は、初めてのポスターセッションに取り組みました。中には、メモを全く見ずにプレゼンをする生徒もいましたが、大半の生徒はメモを見ながらの説明になってしまいました。当然、説得力にも差が出てしまいました。全く初めての上に、取組期間が短く仕方のない面はありますが、今後の課題にしてほしいと思いました。
 しかし、プレゼンを聞く生徒の態度は非常に立派でした。顔を発表者に近づけ、耳をそばだてて聞いている生徒がたくさんいました。思いやりなのか友情なのかはわかりませんが、良い集団になっていることに違いはありません。
  
  

15:47
2019/06/14

校内授業研究会

| by 学校長
 本日、校内授業研究会を行いました。研究授業にあたっていないクラスの生徒は、4校時後に終学活を行い下校しました。来週行われる期末考査に向けてしっかりテスト勉強をしてほしいと思います。
 5校時に研究授業を行ったのは以下の4クラスです。
・1年4組 音楽(前田先生)「言葉や旋律にふさわしい表現を工夫して歌おう」
・2年4組 国語(逢坂先生)「報告『壁に残された伝言』」
・2年6組 数学(原先生) 「連立方程式」
・3年7組 理科(山本先生)「地球と宇宙」
 生徒たちは、たくさんの先生が参観に来ても特に緊張する様子はありませんでした。積極的に課題に向き合う姿勢が見られ、全体的には良い雰囲気でした。姿勢を正して歌う1年生の姿も印象的でした。
 今年度の研究テーマは、「言語活動を通じて生徒が深く考えられる授業づくり」です。本校には、前向きに学習に取り組む生徒が多く、先生の指示もしっかりと聞いています。しかし、コミュニケーションに課題が見られ、特に発表する場面などでは、自分の意見をしっかり表現することが苦手です。(きっと本校生徒に限った課題ではないのでしょうが) 教科の授業の中でも、対話から考えを深めたり、表現力をつけたりすることが課題となっています。
 今日の授業でも、そう言ったことが課題として挙げられており、その後の研究協議でも中心的な話題となっていました。
 明日は、土曜参観を行います。各学年行事(野外活動・トライやる・ウィーク・修学旅行)の報告会も行います。ぜひご参観ください。
  
  

15:46
12345