兵庫県川西市立東谷中学校 Web Page

(C)Higashitani  Lower Secondary School All rights reserved.
 
更新情報
 RSS
学校日誌
学校日誌
12345
2020/02/18new

東谷小学校出前授業

| by 学校長
 今年度も、東谷中学校区3小学校の6年生を対象に、出前授業を行います。中学校の授業を体験したり、中学校生活について学んだりすることで、中1ギャップを解消し、希望をもって中学校に入学できるようにすることが目的です。
 今日は、東谷小学校で2時間の授業を行いました。1時間目は、全クラスを対象に、生徒指導担当の山名先生が、「中学校生活について」授業をしました。
 東谷中学校が大切にしていることとして「切り替え」を紹介してもらいました。すると、その後は、お互いに相談する場面と先生の話を聞く場面の「切り替え」が早くなっていました。立派な中学生になれる素質十分です。
 最後に、質問がないか尋ねられると、部活動に関する質問がいくつか出ました。多くの児童にとって、部活動は一番関心が高いことなのだと思います。
 2時間目は、英語の授業でした。自己紹介カードを作って、お互いに交流し合うといった内容でした。中学校の先生は、オールイングリッシュで授業を行いましたが、ほとんどの生徒が内容をしっかりと聞きとっていました。小学校の学習内容が身についていることがわかります。
 どのクラスも非常に反応がよく、楽しい雰囲気で授業を受けることができていました。4月からまた一緒に学習できることを楽しみにしています。
  
  

18:08
2020/02/17new

2年生合唱練習

| by 学校長
 本日、公立高校の推薦・特色選抜入試が行われました。本校からは、16校に64名の生徒が受検に臨んでいます。3年生の教室は、いつもより少し寂しい状態になっていましたが、登校した生徒たちは、明日から始まる学年末考査に向けた学習に取り組んでいました。
 1.2年生は、6時間目に合唱練習を行いました。今日は、2年生の練習の様子を見せてもらいました。
 開始のチャイムと同時に全員で合唱を始めるクラスもあれば、練習を始めるまでに時間がかかるクラスもありました。それもクラスの個性かもしれませんが、共通していることは、全体での合唱が始まると雰囲気が一変することです。指揮者を中心に気持ちをひとつにして合唱していました。
 どのクラスも、音程は取れるようになっています。あとは、揃えることや表現の仕方をどれだけ意識できるかだと思います。去年とは一味違う合唱を期待しています。
  

17:39
2020/02/14new

第2回生徒総会

| by 学校長
 本日、第2回生徒総会が開催され、1年間の生徒会総務・各委員会の活動報告と、それに対する質疑応答が行われました。生徒会役員の生徒たちは、各クラスから出された質問に対して、ひとつひとつ丁寧に回答していました。
 今日のために、生徒会役員の生徒たちは、1年間の活動を総括してそれを議案書にまとめました。更に、各クラスから出された質問に対して、どのように回答すればみんなが理解し、納得してくれるのかを時間をかけて考えていました。受験勉強等で忙しい中、よく頑張ったと思います。
 今の東谷中学校は、非常に落ち着いた状態にあり、行事や清掃活動等はどこに出しても恥ずかしくないくらい素晴らしいものです。生徒会役員の生徒たちが中心となって、学校全体でより良い学校づくりに取り組んでいるからこそ、この状態が保てているのだと思います。
 最後に、採決を行い、今年度の活動は承認されました。令和元年度の生徒会役員の仕事は、これをもって全て終了しました。生徒会役員生徒たちの頑張りは、誰の目にも明らかです。全校生徒から大きな拍手が送られました。
  
  
 生徒総会終了後に、新生徒会役員の紹介がありました。現生徒会役員の「志」は、2年生へと引き継がれていきます。
17:30
2020/02/13new

合格通知

| by 学校長
 先日行われた私学入試の結果が、続々と届いています。いくつかの高校は、合否結果が東谷中学校長宛に送られてくるので、その場合は、校長が通知を手渡しています。
 今のところ、校長室で通知を受け取った生徒は、全員合格しています。中身を確認する前は、とっても緊張した様子ですが、合格通知を見た途端に一気に表情が変わります。
 「専願」で受験した生徒は、これで進路先が確定です。「併願」で受験した生徒の一人が、「これでどこか行くところができた」と言うと、それを聞いた他の生徒たちみんなが同感していました。
 おめでとうございます!
  

17:52
2020/02/13new

1年生合唱祭リハーサル

| by 学校長
 本日、1年生は合唱祭のリハーサルを行いました。
 まだステージ練習をしていないので、ステージで歌うのは今回が初めての経験でした。それが、いきなり学年全員の前での発表ですから、緊張しないわけがありません。見ているこちらにまで緊張感が伝わってきました。学年の先生たちは、緊張するということは、それだけ真面目に取り組もうとしている証拠だと、前向きに受け止めていました。
 音楽科の前田先生は、「授業で、気を付けるようにと伝えたことを、意識しながら歌っていたことが嬉しかった」と話していました。本番まで練習時間は限られていますが、この調子で練習していくと、本番には完成度の高い合唱が聴けるのではないかと思います。
  
  

17:10
12345