兵庫県川西市立東谷中学校 Web Page

(C)Higashitani  Lower Secondary School All rights reserved.
 
更新情報
 RSS
出願01/22 18:55
学校視察01/21 17:57
面接練習01/20 17:57
シェイクアウト訓練01/17 17:34
参観日01/16 18:05
学校日誌
学校日誌
12345
2020/01/22new

出願

| by 学校長
 午後から、3年生の私立高校を受験する生徒が、それぞれの高校へ出願手続きに行きました。専願、併願を合わせると、学年の大半の生徒が私立高校を受験します。郵送で出願する学校もあるため、今日、出願に行ったのは、約半数の生徒たちでした。残った生徒は、5.6時間目は自学です。
 全員分の願書がまとめられているので、受験校まで持って行き、提出するのは代表生徒の仕事です。責任重大です。しかし、受験票を受け取り、今日から当日までしっかりと保管するのは各自の仕事です。簡単なことかもしれませんが、絶対に疎かにはできません。
 出願を終え、4時ごろまでには全員無事に学校に戻ってきました。学年の先生に受験番号を報告し帰宅しました。
  

18:55
2020/01/21new

学校視察

| by 学校長
 今日、静岡県の掛川市から中学校の先生が、本校を視察に来られました。本校の様子や取組が、教育関係の情報誌に紹介され、その記事を見て来られました。
 今日来られた先生方の学校も、本校と同じように生徒たちは落ち着いた学校生活を送っているようですが、靴を揃えることや無言清掃などに、本校生徒が目的意識を持って取り組んでいることに感心しておられました。
 5時間目には、2.3年生の授業の様子を参観されました。ユニバーサルデザインの授業や、生徒が主体的に授業に参加する様子などを見ていただきました。
 他県から視察に来られるのは、今年度3回目です。学校視察は、本校にとっても良い刺激になっています。生徒会の目標と同じように、「初心を忘れない」ことを意識できます。
  

17:57
2020/01/20new

面接練習

| by 学校長
 先週から3年生の面接練習が始まっています。面接官は、校長、教頭、生徒指導担当が務めますが、3年生以外の主任の先生にもお手伝いをしてもらっています。普段、授業などで関わりのある先生だとあまり緊張感がないので、3年生以外の教員が面接官を担当しています。
 生徒たちは、本番さながらの緊張感で面接練習に臨んでいます。練習であっても緊張するのは、真剣に取り組んでいる証拠だと思います。きっと、この経験が本番で役に立つはずです。
 今年の3年生は、質問に対してしっかり答えることができる生徒が多いように思います。「志望理由」などもよく考えています。また、所作や服装もほとんど問題がありません。ここへ来るまでに、各学級でもしっかりと練習していることがわかります。担任の先生も一生懸命です。
 あとは、落ち着いてできるかどうかです。練習の最後に、自信を持ってもって臨んでほしいと伝えています。
 

17:57
2020/01/17new

シェイクアウト訓練

| by 学校長
 本日、1時間目にシェイクアウト訓練を行いました。
 放送で緊急地震速報を流し、シェイクアウト訓練の基本行動、Drop(姿勢を低く) Cover(頭・体を守る) Hold on(動かない)を行いました。地震による人的被害の多くは、揺れによる家具等の倒壊や落下物などによる負傷です。いざというときに自分の身を守りための行動がとれなければなりません。
 訓練の後、教科担任の先生から、自身の体験談などを話してもらいました。生徒たちは、先生の思いを受け止め、真剣に話を聞いていました。しかし、震災から25年が経過し、記憶や教訓の風化が懸念されています。以前と違い、震災の体験や記憶がない若い先生が増えています。どのように生徒に震災の教訓を伝えていくかが新たな課題になっています。ぜひ、ご家庭でも、防災について考える機会をもっていただきたいと思います。
  

17:34
2020/01/16

参観日

| by 学校長
 本日は、参観日でした。1時間目から6時間目まで全ての授業を公開しました。2年生の「進路説明会」や1年生の「修学旅行積立金説明会」が開催されたこともあって、多くの保護者の方にご来校いただきました。
 特に、2年生の進路説明会には、150名を超える方にご出席いただきました。公立高校の通学区域が変更になって5年が過ぎました。その間に変わったことはいくつもありますが、一番変わったことは、「生徒の意識」だと思います。複数の高校のオープンスクールに参加するなど、自分に合った学校を主体的に見つけようとする生徒が増えています。そのためには、早くから準備することが求められます。この時期から考え始めても、早すぎることはありません。
 1.2年生の保健体育の授業では持久走が行われています。持久走と言えば、冬場の風物詩でもあります。校舎内からも、足を止めて生徒たちが走る様子を見る保護者の方がたくさんおられました。
  
  

18:05
12345