兵庫県川西市立東谷中学校 Web Page

(C)Higashitani  Lower Secondary School All rights reserved.
 
更新情報
 RSS
学校日誌
学校日誌
12345
2021/01/22new

選挙運動開始

| by 学校長
 令和3年度の生徒会役員を決める投票と立会演説会は、来週29日(金)に行われます。その1週間前となる今日から選挙運動が始まりました。
 登校時には、立候補者と運動員が校門周辺に立ち、投票への呼びかけを行っています。いきなり雨の中での選挙運動になりましたが、ひるんだ様子はありません。ただ、せっかく作ったタスキが濡れてしまわないか心配になりました。
 終学活時には、各教室を回って所信表明を行っています。どの候補者も、これまでずいぶんと悩み、考え抜いて立候補を決めたことと思います。その分、覚悟が決まっています。感心するくらい堂々と話していました。後輩である1年生には、とても立派な姿に見えたのではないかと思います。
 3年生の先輩たちも温かく教室に迎え入れていました。よく知る後輩であっても冷やかすようなことはありません。立候補した勇気に対して敬意を持って接しているように感じます。
 昨年の選挙は、全ての役職が信任投票でしたが、今回は11の役職に対して15人の立候補者がいます。選挙戦は激しくなるかもしれませんが、その分、全校生の関心は高まるのではないでしょうか。
  
  

15:59
2021/01/21new

週末課題

| by 学校長
 今日、1年生の数学の授業では、先生からチェックテストを配信してもらい、各自で問題に取り組んでいました。同じ要領で明日の放課後には、週末課題が配信されるそうです。
 明日の授業が終わったらタブレットPCを自宅に持ち帰り、週末の間に解答して提出しなければなりません。(提出は「提出」ボタンをタップするだけで完了です)先生からは、「日曜日の23時59分59秒までに提出してください」と言われていました。これだと、翌日学校へ来てから隣の席の生徒に「宿題見せて」と頼むことができません。
 タブレットPCの導入で、ずいぶん学習の仕方が変わってきました。タブレットPCは、家庭学習の習慣化にも役立つかもしれません。
  

16:11
2021/01/20new

サポート隊スタッフ募集のお知らせ

| by 学校長
 本日、「東谷中学校サポート隊だより」と共に「令和3年度 東谷中学校サポートスタッフ立候補者募集」のお知らせが配布されています。
 サポート隊の皆さんの活動で、学校は少しずつ変わろうとしています。立候補するしないに関わらず、これを機に東谷中学校サポート隊への理解が進むことを期待しています。
 詳しくは、東谷中学校サポート隊ホームページをご覧ください。(画面左の「東谷中学校サポート隊」をクリックしてください)
東谷中学校サポートスタッフ応募用紙.pdf
19:39
2021/01/20new

2年生道徳

| by 学校長
 2年生は、今日の道徳の授業で、「公徳心」について考えました。扱った資料は、電車通学のマナーに関するものでした。本校には、電車通学をする生徒が多く、自分たちの身の周りでも同じようなことが起こる可能性があります。
 いくつかのクラスで、タブレットPCを使って、意見交換をしていました。登場人物の行動をどのように思うかは、人それぞれ意見が異なります。正解はありません。自分とは違う考え方を理解することで、より考えが深まります。
 自分の考えを手を挙げて発表するのは、生徒たちにとってはとても勇気のいることです。しかし、タブレットに書いたものを画面で発表するのならハードルが下がります。普段あまり発表しない生徒も、少し積極的になれます。また、全員の意見を一覧にして見ることもできます。
 何が最も良いかは一概には言えませんが、タブレットPCによって、今までできなかったことが可能になることは確かです。
  

17:18
2021/01/19

出願準備

| by 学校長
 過去、私立高校の出願は、各自が受験する高校へ直接行って手続きをしていました。その際に、最寄駅から学校までの経路やかかる時間、受験当日に利用する交通機関の時刻などを調べることも合わせて行っていました。専願、併願を合わせると、大半の生徒が私立高校を受験するので、出願は一大行事のようになっていました。しかし、今年の出願は、大きく様変わりしています。全て郵送による出願に変わりました。
 3年生の先生たちが、昨日は調査書、今日は願書の点検をしていました。願書については、下書きも含めてこれで3回目の点検となります。絶対に誤りがないことが確認できると、学校ごとにまとめて封入します。点検する先生たちも真剣そのものです。
 多いところでは、本校だけで100人近い生徒が受験する学校もあります。密を避けるために、集団では行動しません。コロナ禍では、より自分で判断し行動することが求められます。
  
  

18:39
12345