校長室より

本校は、明治6年開校の東谷村山下小学校を前身とする創立146年の伝統ある小学校です。校区には豊かな自然があり、恵まれた環境にあります。

今年度、伝統ある東谷小学校長として、川西南中学校から着任しました木村浩章と申します。大好きなことは、本を読むこと、運動をすること、音楽を聴くことです。小学校に赴任して一番楽しみにしていることは給食です。東谷小学校の皆さま、よろしくお願いいたします。

 

教育目標を

「人間尊重を基盤とし、心身ともにたくましく、夢や目標を持ち自ら学ぶ意欲と豊かな心を持った児童の育成に努める」としています。

 

めざす子ども像~こんな子どもに~を

「仲良く力を合わせる子」

「生き生きした子」

      「すすんで学ぶ子」

「根気強くがんばる子」

「心や体を大切にする子」

 

ひ・が・し・た・に の文字を頭文字にして

・・・ひとりでできる子

・・・がんばる子

・・・しずかに聞ける子

・・・たすけあえる子

・・・にこにこ笑顔であいさつのできる子 

 としています。

 

本年度4月9日現在の児童数は、新たに加わった1年生90名を含め、全校児童667名です。

始業式で2~6年生児童に話した内容を一部紹介します。

 

『私が最も大切にしてほしいことは「仲良く力を合わせる子」になってほしいということです。

私自身がつくった「ひがしたに」を紹介します。

ひ・・・「ひと」にやさしくしましょう

が・・・「学校大好き」になりましょう

し・・・「しあわせ」をたくさんみつけましょう

た・・・「大切にしましょう」自分の「いのち」を

に・・・「日本」と「世界」の平和をみんなでつくりましょう

みなさん一人一人が「仲良く力を合わせる」とは?を考えてみてください。

 私はこう考えています。

・ケンカをしてしまったあと、仲直りできる子です

・お友達の良いところを見つけることができる子です

・勇気をもって自分の考えを言える子です』

平成31年4月9日
 
校長 木村 浩章