ようこそ川西市郷土館
 

新着情報

 
COUNTER408100

とれたて郷土館・郷土館情報

緑美しい郷土館 夏仕立ての旧平安邸
緑が美しい城山を背に、郷土館には
大正時代の和風建築の旧平安邸、洋風建築の旧平賀邸(ドラマや映画のロケ地にもなっています)、美術館のミューゼレスポアール、アトリエ平通、銅の製錬所跡・鉱山資料室の施設、見どころがたくさんあります。
下記のように毎月さまざまな企画展や講座を開催しており、写真撮影やスケッチもできます。郷土館でゆっくり時間を過ごしてみませんか。
      
旧平安邸の座敷は、よしずの建具を入れて夏仕立てに衣替えをしています。昔風情の涼しい雰囲気を味わってみてください。
   


7~8月の企画展・講座の案内

※講座「夏休み工作教室」の申込について
7月24日(日)「夏休み親子工作教室」、8月6日(土)「夏休み工作教室」ともに定員に達しました。
 

【企画展】

〇デザインマンホール写真展
   マンホールの世界を楽しもう!!
   
豊中市在住の池上修さん、池上和子さんが、日本各地を訪れ集めた町自慢がデザインされたマンホール蓋の写真展を開催します。川西市のデザインマンホール蓋の実物や上下水道局が発行しているマンホールカードも紹介しています。様々な町自慢の写真やカードを見ながらご家族でも楽しんでいただけると思います。実物を見て、写真に撮って、マンホールカードを集めて、夏休みの自由研究にいかがですか。
期間 7月16日(土)~8月28日(日)
場所 ミューゼレスポアール1階展示室・ロビー

           
〇平通武男 小品展 

          ~在りし日のスケッチの旅~
 郷土館のミューゼレスポアールで常設展示している川西市ゆかりの洋画家 平通武男画伯は、大阪・能勢に生まれ、戦後川西に住まれて、日展等に作品を発表し続けるなど昭和から平成にかけて活躍されました。
小品展は、画伯がヨーロッパや日本各地へ画題を求めて旅をした際、携行した小板に書き留めたスケッチで、帰国後、大作として完成させた作品を展示しています。

  モンマルトル
 

     早春  於:大山
 
期間・場所  
旧平安邸蔵展示室 14点

   5月24日(火)~8月28日(日)
※昨年度ご親族から寄贈された作品「海」は初公開。
   

【講座】

〇夏休み親子工作教室

「ダンボール工作でクレーンゲームを作ろう!」
講師 坂野由紀子さん   

日時 7月24日(日)午前10時~正午

場所 アトリエ平通

対象 小学生(必ず保護者同伴)

費用 材料費700円 (保護者は別途入館料 団体割引適用)

持ち物 筆記用具 マーカー類 はさみ カッターナイフ 
カッターマット ものさし(30㎝) 
コンパス 
セロテープ 木工ボンド ペットボトルふた3個 
靴袋
※飾るもの(マスキングテープ等)があると便利です。

定員  12名

申込  7月1日(金)~7日(木)まで
    電話受付・・・定員に達しました

 
〇夏休み工作教室

「電子部品を組み立てて、音を作って鳴らしてみよう!」
講師 宝塚医療大学講師 前田誠通さん
日時 8月6日(土)午前10時~正午
場所 アトリエ平通
対象 小学生(3年生以下は保護者同伴)
費用 材料費(容器代込)700円
      (保護者は別途入館料 団体割引適用)
持ち物 2B以上の鉛筆 ティッシュの空きの紙箱
        もしくは
同じくらいの紙箱 靴袋
定員 12名
申込み  7月1日(金)から電話受付・・・定員に達しました

 

〇夏休み勾玉づくり教室

昔の宝もの「勾玉」(まがたま)を作ってみよう。   

講師 文化財資料館職員

日時 8月18日(木)午前10時~正午

対象 小学生(3年生以下は保護者同伴)

費用 材料費50円(保護者は別途入館料 団体割引適用)

定員 12名    持ち物 靴袋

申込 8月2日(火)午前10時から電話にて受付 先着順

  
※「童謡を歌う会」参加者募集!

 「童謡を歌う会」が再開しました。心の歌童謡を声楽家 尾市雅子先生と一緒に歌いませんか。世代を越えて楽しく歌い継ぎ、心の交流の場にしていきましょう。希望される方は郷土館までお問い合わせください。
〇場所:川西市郷土館
〇開催日:毎月第3水曜日10:00~11:30
 ※都合により変更の場合があります。
〇参加費:1回 500円(入館料含む)
 ※東日本・熊本大震災救援募金に参加費の一部を寄付いたします。
〇マスクの着用にご協力をお願いします。


※郷土館のようすは郷土館日誌でお知らせしていますのでご覧ください。
 4~8月のイベント・展示・講座予定につきましては、メニューの一覧をご覧ください。


※ 見学のときのお願い
 
・マスクを着けて、咳エチケットにご協力ください。
・人との距離を2m以上あけて見学してください。
・大声での会話はお控えください。
・入館時には、手のアルコール消毒をお願いします。
・熱や咳など、体調が悪いときは見学をお控えください。

※お車でお越しの方は、郷土館の隣に新しい駐車場ができていますので、ご利用ください。

  

◎郷土館の施設案内

旧平安家住宅(国の有形
登録文化財)
 
 

旧平賀家住宅(国の有形登録文化財 ひょうごの近代住宅100選)
 
 
ミューゼレスポアール(美術館) (青木大乗画伯・平通武男画伯)
 
 
平安製錬所跡  鉱山資料展示室
 


 







                      


 




 

郷土館について

 川西市郷土館は、銅の製錬を業としていた旧平安家住宅を利用して、昭和63年11月に開館しました。ついで平成2年11月には、川西市内の小戸地区にあった洋館の旧平賀家住宅を移築復元しました。平成7年11月には、青木・平通両画伯記念館として、ミューゼレスポアールをオープンし、同時に旧平安家住宅において、一色八郎氏のコレクションである箸の展示室を鉱山資料展示室とともに公開しています。平成22年2月には、平通画伯のアトリエを再現したアトリエ平通をオープンし、絵画教室等を行っています。
 郷土館では、通常の施設公開のほかに、各種講座、コンサート、イベント等を開催しています。
 旧平安家住宅と旧平賀家住宅は、国登録有形文化財(建造物)に登録されており、旧平安家住宅は兵庫県景観形成重要建造物に指定され、旧平賀家住宅はひょうご近代住宅100選に選ばれています。