お知らせ

令和2年度 学校教育目標

1) 学校教育目標
「 心豊かに たくましく 未来を切り拓く みどりっこの育成 」

学校経営の基盤(校訓) 
1 よく考える子ども     
2 仲よく助け合う子ども   
3 元気で明るい子ども    
4 すすんで働く子ども    

育みたい子ども像(みどりっこは・・・)
〇自分の小さなめあてをはっきりつかみ、学ぶことができる子
〇たがいに認め合い、協働することができる子
〇何事にもすすんで取り組み、最後までやり遂げることができる子

めざす教職員像 <子どもの成長を保障する教職員集団>
〇児童と向き合い、ともに考え、ともに学びあう教職員
〇創意と情熱をもって取り組み、子どもの夢を大きくはぐくむ教職員
〇「今」の教育的課題にも柔軟に対応し、解決に向かう教職員

めざす学校像 <笑顔あふれる学校>
〇子どもにとって・・・達成感や満足感が味わえる学校
〇教職員にとって・・・同僚性を発揮しあう学校
〇保護者にとって・・・子どもを学ばせたい学校
〇地域にとって・・・・地域ぐるみで子どもを育てる学校

学校経営方針
1 「わかる授業・参加する授業」の実践に努め、基礎的・基本的な事項の確実な定着を図る。
  児童が意欲的に学習に臨める、創意と工夫のある授業づくり。
2 支え学びあう学級集団作り。
3 学級活動等を通して、主体的に考え、課題を解決しようとする態度を育成する。
4 豊かな体験活動と心を揺さぶる道徳教育の充実を図る。
5 図書室・ICTの有効的活用を図る。
5 学校・家庭・地域の連携をはかり、開かれた学校づくりを推進する。
 (地域の教育力の活用、自治会・コミュニティ等の活動を通じて連携・協力を図る)

令和2年度の重点目標
〇児童の「将来の自立」に向けた取組の推進(中長期的視点)
・楽しい(よくわかり、考える)授業づくり
・思いやりや優しい心の醸成と健康な体づくり
・自発的・主体的な活動の推進

〇教職員集団の組織的な協働実践(「子どもファースト」「ワンチーム」を念頭に置いて)
・児童理解と児童に寄り添う姿勢、信頼関係づくり
・教職員の率先垂範・・・感謝の心・挨拶・清掃など
・学校全体で報告・連絡・相談の徹底  児童についての情報共有
( 教育相談を充実し いじめ、不登校の未然防止と丁寧な初期対応 )

〇義務教育9年間を見通した学習・生活指導の一貫化

〇地域に根ざし開かれた特色ある学校づくり