日誌

川養日誌1 >> 記事詳細

2021/06/10

手間がかかることは、楽しいこと

| by 校長
 5月の後半からいろいろありましたが、学校が通常の状況に戻りつつあります。保護者の皆様、いろいろとありがとうございました。
本日5.6校時、高等部が田植えをしていました。田植えといっても、なかなかの日差しで大変です。そのため玄関前で、扇風機を設置して熱中症対策をして行いました。手前味噌ですが、田植えの方法の先生方のアイディアがすごいんです。
①プランタの受け皿にビニールを敷く
②その上に木枠(そこが抜けている)を置く
③土(泥)を入れる
④稲を植える
 こうした工程で、本校の子どもたちがやりやすい方法でした。(写真を見てください)
 田植えの体験と土(泥)を触る体験を子どもたちに味わってほしいという先生方の気持ちがひしひし伝わってきました。見ていた私も思わす参加したくなり、「とことんやってしまえ!」と介助員さんの一声で、腕まで泥を塗りあいました。この後、片付けが大変でしたが、準備と片付けの手間がかかることは、楽しいことが多いです。いろいろ手間をかけて、これからも子どもたちと活動していきたいと思います。
   
   
   
   

『今日のヒマワリ』
 「ハーモニー」と「どんこうサークル」の皆さんもヒマワリの種を植えてくださいました。

   

15:01

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。