川西市青少年センター

TEL: 072-759-9424
FAX: 072-759-6484
〒666-0033
兵庫県川西市栄町11-3
パルティK2北棟2F

 
120524

センターからのお知らせ

 >> 記事詳細

2014/12/11

ネット社会の落とし穴

Tweet ThisSend to Facebook | by 青少年センター所長
7504236[1].jpg
<ネット社会の落とし穴>
 
インターネットは、まだまだ進化し瞬時に大量の情報を得られる便利さと、「悪意」をまき散らす手段をもたらし、使い方によっては「善」にも「悪」にもなる代物です。性的な画像や動画を元交際相手らがネットに投稿する「リベンジポルノ」と言われるものが問題になっています。先の臨時国会で対策法が成立し、17日からは罰則運用が始まります。取り締まりが期待されますが、一度ネットにさらされた画像の拡散を止めることは不可能で、被害者は半永久的に流失の危険におびえることになります。「リベンジポルノ」は「振られた腹いせ」の逆恨みです。いかなる理由があっても裸やそれに近い画像は送信しないことが肝心です。被害は、脅迫されたり裸の写真を見られたりした関係だけではありません。リベンジポルノの罪深さは、この点にあります。ある被害を受けた女性は次のように話しています。「流失の危険性があるだけで、身を隠して暮らさざるをえない。被害は一生続くことを知ってほしい。」
【リベンジポルノのj被害に遭わないために】
 ①トラブルや不安はすぐに親や警察などに相談する。
 ②親や大人はネットやスマホの仕組みやリスクについて学ぶ。
 ③プライベートな写真や動画は撮らせない。送らない。
 ④顔写真や名前、学校名など個人n特定につながる情報を公開しない。
 背景には未成年のネット依存、対面よりネットやスマホでの会話の方が安心感が得られ、簡単に信頼感も得られると指摘されています。

16:20 | 広報・啓発活動

新着情報

 RSS
表示すべき新着情報はありません。