現在公開されている日誌はありません。

兵庫県 川西市立 けやき坂小学校 ホームページ

  
    
 
 

警報発令時の対応について

   平成28年5月2日 

保護者 様

川西市立けやき坂小学校

校長  髙 月 和 人

                                 

気象警報(暴風・大雨・洪水・大雪)又は

特別警報(暴風・大雨・大雪)発令による

登校措置について

 

非常変災等による登校処置につきまして、下記のように定めましたので、ご確認の上、ご配慮・ご協力をお願いいたします。

 

1 気象警報(暴風・大雨・洪水・大雪)又は特別警報(暴風・大雨・大雪)が発令された場合

(1)   午前7時現在で『川西市』に気象警報(暴風・大雨・洪水・大雪)又は特別警報(暴風・大雨・大雪)のいずれかが発令されている場合

  児童は登校しないで自宅待機します。

(2)   午前7時以降、集合時間までに気象警報(暴風・大雨・洪水・大雪)又は特別警報(暴風・大雨・大雪)のいずれかが発令された場合

◎ 児童は登校しないで自宅待機します。

※ 緊急メールにて連絡します。

(3)   午前9時までに警報が解除になった場合

  警報が解除になった時から児童は注意しながら登校します。

 (登校班ではなく、できるだけ近くのお友達と一緒に登校して下さい。)

  特に、大雪や凍結の時は安全面で厳重に注意してください。

(4)   午前9時現在、警報が発令中の場合

  学校は休み「臨時休校」とします。

 

    ※ 原則として上記の警報の発令、途中での解除、また、臨時休業になった場合も、PTAの緊急電話連絡網でお知らせはしません。時間割は次の日の各クラスの時間割を用意して下さい。

 

2 学校給食について

  上記1の(3)により午前9時までに警報が解除になった場合、原則として調理ができる範囲内で給食を実施します。解除になり児童が登校した時点からの校時で授業を行います。

 

3 その他

  登校後、気象警報(暴風・大雨・洪水・大雪)又は特別警報(暴風・大雨・大雪)が発令された場合は、校外児童会地区担当教師引率の下、集団下校させる場合がありますので、よろしくお願いいたします。

 

※ 電話での問い合わせ等について

  上記の通り、警報発令時には原則としてPTAの緊急電話連絡網は回しませんので、テレビ・ラジオ・インターネット等の情報をよく見たり聞いたりして下さい。また、学校のホームページや緊急情報メールにて大事な情報を知らせる場合もありますので、できるだけ緊急情報メールへの登録を再度お願いします。学校へ直接電話でのお問い合わせは、混乱しますのでご遠慮下さい。警報と注意報も混同されないように、ご注意下さい。

 


市立学校・園における災害時の措置

川西市教育委員会

 

<台風・大雨等の場合>

川西市に、気象警報(暴風、大雨、洪水、大雪)又は

特別警報(暴風、大雨、大雪)のいずれかが発表された場合

 

(1)登校園以前

午前7時現在

上記の気象警報又は特別警報のいずれかの

発表があった場合

自宅待機

午前9時までに

上記の気象警報解除

または「注意報」に変更された場合

登校園する

午前9時現在

引き続き

上記の気象警報又は特別警報

発表されている場合

「大雪警報」発令中の場合
9時までに「大雪警報」が解除されても、積雪状況によって、危険が予測される場合は、校園長の判断により「臨時休校」とします
 

 

臨時休業

(2)登校園以降

登校園途中または登校園後 

上記の気象警報又は特別警報のいずれかが

発表された場合

 

校園長判断により、

下校園又は校園での待機

※特別警報は、数十年に一度の強風や大雨、大雪が発生する状況となることから、その状況の中、下校させることは危険ですので、校園での待機とします。

 

<地震の場合>

(1)登校園以前

校園区内に甚大な被害が発生し、安全確保が困難であると校園長が判断した場合は、「臨時休業」とする。

 

(2)登校園途中または登校園以降

安全確保に努めながら下校園させるか、校園内に待機させるかなど、校園長が判断し、適切な措置を講じる。

フローチャート : 代替処理: ※「特別警報」とは・・・
○予想される現象が特に異常であるため、重大な災害の起こるおそれが著しく大きい旨を警告する防災情報であり、警報発表された後に、市町単位で特別警報が発表されます。特別警報発表時は、ただちに、身を守る行動をとってください。
○「特別警報が発表されない」は「災害が発生していない」ではありません。これまで通り注意報、警報、その他の気象情報を活用し、早めの行動をとることが大切です。
○特別警報は、自治体や報道機関を通じて伝えられます。テレビやインターネット、自治体から発信される情報の収集に努めてください。