川西市立川西小学校

                     〒666-0021    川西市栄根1-1-1     TEL072-759-1110    FAX072-759-1111

 

お知らせ

〈ごあいさつ〉
 昭和60年4月、新米の国語教師として川西南中学校に赴任。5年間、川西南中学校でお世話になりました。その後、清和台中学校での9年間をはさみ、平成11年4月から11年間、川西中学校に勤務しました。そして平成27年度4月より川西小学校長を拝命しました。各中学校勤務時代に保護者として、また地域の応援団としてお世話になったたくさんの懐かしい方々との再会がありました。また、保護者の中にはなんと当時の教え子の姿もちらほら。ふるさとに戻ってきたような懐かしさと、長い年月の経過(自分が年をとったこと・・・)を感じます。

もちろん新しい出会いも数多くあり、この川西小学校がたくさんの地域の皆様に支えられていることを実感しています。

本校では、「一人ひとりの命を大切にし、一人ひとりの可能性を最大限に伸ばし、人間性豊かな子どもを育てる。」ことを学校教育目標に掲げ、「学びつづける子」「思いやりのある子」「たくましい子」「明るく笑顔であいさつできる子」の育成を目指しています。その具現化のために、今年度も、「『笑顔』いっぱい、『ありがとう』あふれる、“ぬくもり”のある学校づくり」をテーマとして取り組んでまいります。

 学校が、子どもたちの笑顔でいっぱいになり、あちこちで「ありがとう」のことばが聞かれるようになれば、どの子にとってもきっと“ぬくもり”のある学校になるのではないかと考えています。そのために、子どもたちには次の四つのことを大切にしようと、呼びかけました。

 一つ目  自分からあいさつをしよう。

  二つ目  人の話をしっかりと聞こう。

  三つ目  良いことばづかいをしよう。

  四つ目  “きれい”を心がけよう。

 あいさつは、人と人とのつながり第一歩。人の話をしっかりと聞くことが自らの思考を鍛えることになります。相手のことを考えたよいことばは、思いやりの心を育みます。清掃を頑張ったり、身の回りの整頓をしたり、トイレのスリッパをきちんとそろえることを意識したりすることで、責任感の育成につながると考えます。

 “ぬくもり”のある環境の中で、子どもたちに「自分にもわかる」「自分にもできる」という自信(誇り)を育み、人のために何かをすることで自己肯定感を育成し、「次は○○をがんばりたい」「こんな人になりたい」という目標()を持たせたい。そして、周囲のすべてのひと、もの、ことに感謝する気持ちを育てたい。

 井川教頭先生をはじめ本校全教職員で力を合わせ、保護者の皆様、地域の皆様のご理解とご支援、そしてお知恵をお借りしながらよりよい川小づくりを進めてまいりたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

                             

                   川西市立川西小学校
                  校長 小 和 田   勉
                  教頭 井 川   勝 博

 

 

学校便り「川小柳だより」

学校だより
12345
12345