〒666-0003   兵庫県川西市丸の内町7番1号    電話:072-759-3880   FAX:072-759-1353


 

カウンタ

COUNTER540556
28万突破!今年も1年頑張ります!!

お知らせ

ご家庭で不要になった絵本や児童用図書があれば、学校までご連絡下さい。引き取りにおうかがいします。 
 

平成28年度人権教育推進校としての取組

平成28年度 新たな課題に対応した人権教育推進校としての取組


1 児童生徒の現状と課題

本校児童は、素直で明るく、休み時間や放課後も運動場で楽しく遊ぶ姿が見られるが、自分の思いを上手く表現したり、相手の気持ちを思いやることが苦手である。
また、家庭環境を背景とする支援を必要とする児童や自己肯定感や自己有用感の低い児童が多くみられる。
このような状況から、「一人ひとりを大切にした、意識づくり・集団づくり・授業づくり」と「自立の基礎を培う人権基礎学力の向上」を課題と考えている。


2 研究テーマ
  「いじめを生まない土壌づくり」 
   ~自己肯定感を育む指導の充実と違いを認め合える人権意識の育成~ 


3 ねらい

偏見や差別、いじめを許さず、たくましく生き抜く強さと温かさを持った子どもの育成をめざし、自己肯定感や有用感を育み、生活意識を高め、仲間意識を強める。


4 具体的な取組
(1)研究の概要(様式1


(2)各領域における取組
ア 教科における取組
  ・取組の概要(様式2-1)  ・自立の基礎を培う人権基礎学力について

イ 道徳における取組
  ・取組の概要(様式2-2)  ・人権参観授業内容   ・人権参観授業指導案   ・人権参観保護者の感想

ウ 特別活動における取組
  ・取組の概要(様式2-3)  ・ハイパーQUについて  ・いじめ(生活)アンケート  ・ハイパーQU・いじめ(生活)アンケートをとおして

エ 総合的な学習における取組
  ・取組の概要(様式2-4

5 成果と課題
(1)成果
・ハイパーQUアンケートは、学級の個人の状況や集団の特性が分かり、以後の学級づくりや個別指導に効果的であった。また、その後のアンケート調査の結果が、指導の検証となり具体的な取り組みの結果を確認することができ、いじめ防止の方策が確立してきた。
・学習の目標に漢字学習や計算学習などを上げる掲げる児童が多くなり、自分の課題として漢字や計算に意欲的に取り組もうという姿勢が育っている。また、毎日の取り組みであり、決められた時間に決められた学習を行うという習慣は、学習への集中力を向上させ、落ち着いて学習に取り組み姿勢を育むことができた。自己肯定感や自尊感情の育成にも学力向上はつながっている。


(2)課題  

・どの子もが居心地のよい学校や家庭であるように、多様性を認め合える集団づくりや心の通い合う人間関係づくりを人権教育を通して推進していく必要がある。
・今後も、教師自らが人権意識を高めるとともに、学校だけではなく保護者や地域とも連携しながら、子どもたちの人権を守る視点を持ち続ける必要がある。